FC2ブログ

西目 コスパ最高 こうらく さん

この日はかみさんと二女を連れ、由利本荘市西目地区にあります「中国料理 こうらく 」さんへお邪魔致しました!国道7号線沿いに約40年ほど前にオープンされた老舗であります。私もこれまで何度となくラーメンや定食などをいただきに伺っております。なんといってもこちらのお店は、豊富なメニューとコスパの良さが売りでありまして、チキンカツ定食はわずか410円(税込)ですからたまげます(かつては300円代だったような希ガス)...
Category 定食
  • Comment 0
  • Trackback 0

かっけ社長と行く、飲み倒れツアー③ (爆)

本家で書かれている...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

かっけ社長と行く、飲み倒れツアー② (爆)

今回は御大が既に記した【伊藤様の作品】と【鈴木商店】さんの記事の補足となります(爆)同県内のコーナーパレス地区を目指して、朝9時の出発でありました。このくらいの時間だと伊藤様のシャッター長確定までなら余裕のよっちゃんイカで着くと思っての設定時間でありました。ところがところが、諸事情もあって、当方めちゃ安全運転です(自爆)50キロ規制なら45キロ、30キロ規制ならママチャリに追い抜かれるほどの安全運転(爆)...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

かっけ社長と行く、飲み倒れツアー① (爆)

付き合いは長いですが、初の共同執筆となります (爆)第一弾は琴平かっけ社長の執筆であります。「羽後遠征」https://konpirasou.sanze.jp/27785/読者数も面白さも100分の1以下の私のブログですが、恐れ多くも少し補足等入れながら話を書かせていただきます。本荘へ戻る電車内で、まだ辛うじてドリンクは残っておりました。。この日4度目の乾杯を済ませます。周りの乗客の冷ややかな視線など何するものぞ(爆)まぁ、初日はこのま...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

函館へ一人フェリー旅 そしてラッピ(爆) 2018年11月 ②

翌朝、試験会場へ息子を送った後、今回の旅の最大にして最高の楽しみである計画を始動させます。まずは宿に車を置いて、青森フェリーターミナル(FT)行きのバス停へと向かいます。が!! 前夜に下調べしていたにも関わらず、バス停の場所がよくわからず(酔っ払いミス爆)、大きく出遅れ (泣爆)緊急事態発生に狼狽えた徒然貧乏人は、その辺を走っていたタクシーを捕まえます。タクシーなんて自分で頼んで乗ったの、いつ振りだ? (苦笑)...
Category 北海道
  • Comment 0
  • Trackback 0

函館へ一人フェリー旅 そしてラッピ(爆) 2018年11月 ①

朝夕がすっかり冷え込み始めた2018年は霜月初旬のこと。前回の函館行から約三週間後、再び息子の就職試験のため青森市へ。今年(2018年)、早や三回目の青森入りとなりました。もはや勝手知ったる青森市内と言っても良いくらい道には慣れてきました。途中、弘前市内に、青森の超新星が支店を出すという噂を聞きつけ、急遽立ち寄ることにしました。ついに、ついに、青森大勝軒のドン・野呂氏を逮捕であります!! (爆)前回青森入りした...
Category 北海道
  • Comment 0
  • Trackback 0

わらび座鑑賞 からの ばっきゃ

持つべきものは親切なFBフレンドです。この日はそんな優しいT.A君より頂いた招待券(2枚)を持って、初のわらび座鑑賞でありました。わらび座についての詳細は割愛しますが、秋田に根ざして60余年、ミュージカルを主とした活動内容で、その規模は劇団四季などに準ずるほどの劇団なのであります。一度は観たいものだと思っておりましたが、中々その機会が得られず(チケットもなかなか高価)、この日はまさに長年の夢が叶った日だっ...
Category 
  • Comment 0
  • Trackback 0

本荘 ホテル・アイリス「天空」

鳥海スタンプラリーで当たったランチチケットでお昼でやんす。 家から歩いて五分、チャリ一分(笑)スペシャルランチなんて書いてるから、それはもうたいそうスペシャルなのかと過信、過度な期待を持ってきましたが、なんのことはない、普段いつも提供している「ランチ」のことなのでした(爆)  週替りのランチ。この日は由利牛キーマカレーでした。ここ天空さんからは自宅が丸見え ((苦笑)) 今度は家族でディナ...
Category 定食
  • Comment 1
  • Trackback 0

西滝沢水辺プラザ内「さくら」

まぁ、あまりここは紹介したくないのですよ (苦笑)だから内容もあっさりとね (爆)旧由利町西滝沢にあります「水辺プラザ」(旧西滝沢小学校跡地)に併設されている御食事処「さくら」さんです。とにかくすべてのメニューが激安設定!!家族四人で食べても2000円掛かるか掛からないお店なんてあるかしら?? (驚異)中でも特筆すべきは、高級食材を使った「由利牛カレー」(400円!!)それにカツを入れても550円!! カレーうどんとミニカレーで...
Category その他
  • Comment 0
  • Trackback 0

居酒屋とみ屋店主 ご祝儀

久々にご祝儀にお招きいただき、末席を汚してきました。といっても、昨年の9月の出来事です (自爆)日頃仲良くしていただいている「居酒屋とみ屋」の店主なおちゃんが、あやちゃんという大変素敵な女性をめとられ、ついにこの佳き日を迎えられたのであります。本来私など常連でもなければ、年に数回しか飲みに行けないただの顔見知り程度なのですが、こうしてお声をかけて頂けたことに誠に感謝なのであります。式が始まる前のウ...
Category お祭り
  • Comment 0
  • Trackback 0

第17期琴平荘 ここまでの回顧録③ 2019年

年も明け、2019年となりました。最近悪いことばかり続いておりますので、今年こそは・・・と願いつつ、琴平さまと善寳寺さまへと毎年恒例、ダブル初詣してまいりました。この頃はまだ「金華豚」がない頃ですので、「こ 大 金 玉子」みたいなおもしろ伝票はありません (謎核爆)一人足りませんが、一応現在ともに暮らしている家族全員で2019年初ら~です。メンマ中華・チャーシュー入・硬めなり。琴平中華においてはこの枕木メンマが...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

第17期琴平荘 ここまでの回顧録②

11月半ば。息子の就職試験もやっと一段落したこの日、2週間ぶりに詣でました。私だってたまには極太メンマなどを食べたくなったりするわけです。メンマ中華、チャーシューTPこの枕木メンマが申し訳ないくらい入っています。ここ昨今、メンマの原価が高騰学校だということは琴平社長直々に語られています。なんでも開業時の仕入れ値が、今や当時の倍の価格になっているそうです(驚)これではおそらくどこのお店も、メンマTPはあまり...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

第17期琴平荘 ここまでの回顧録①

2018年10月1日、通算17期目の琴平荘さんがオープン致しました。と言っても、もう三ヶ月半も前のことです(大汗)当ブログにも上げておりますように、個人的に10月からは週末の度に激忙スケジュールの繰り返しで、あまりブログ執筆(そんなに大袈裟な言い方もおかしいが)に時間を裂けておりませんでした。もちろん大恩ある掛神社長の琴平荘のオープンには、例え五体不満足になっても駆けつけなくてはいけません。(でもスピード違...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

函館行⑤ 最終章

翌朝も雲ひとつない快晴。本当にこの二日間は天気に恵まれました。早々と起床してテントを撤収、車へと積み込んだ後、目指すは昨日は入れなかった風呂であります!!キャンプ地から北海道らしい原生林の林道を走ること数十分、その温泉はひっそりと山中に佇んでおりました。 「留の湯」(とめのゆ)さんです。営業時間にはわずかに早い到着でしたが、開けてもらえました。実に風情ある立地と染み入るお湯で、心と冷えた体を大いに...
Category 北海道
  • Comment 0
  • Trackback 0

映画・ボヘミアン・ラプソディ

 予め"コンフェス"致しますが、私は小学生の頃から知っておりましたよ、もちろん。…Queenの皆さんのことは。初来日された時のことも、うっすらと覚えております。中学校時代、とにかく周りでもQueenのファンは多かったと記憶します。同学年よりも少し上の先輩たちがかなり熱狂的に彼等を支持していたような気がします。高校生になり「音楽部」という軽音楽部(ひときわロック色が強かった)部活に入るとそれ明らかになりました。...
Category 音楽
  • Comment 0
  • Trackback 0

函館行④ 一人登山からのリゾート地にて宿泊(爆)

滞りなくテント設営も終え、一安心した我々家族はまたしても函館市内へと戻るのでありました。もちろん既に酩酊状態に近い私は安定の助手席でありまして、かみさんに道をナビするダメ亭主関白であります(自爆) リゾート宿泊地(←まだ言う)の東大沼から函館市内までは車で約30分で行けます。  もう殆どの方がお分かりのことと思いますが、向かった先は昼に一度訪れた「函館山」でありました。  しかし...
Category 北海道
  • Comment 0
  • Trackback 0

函館行③ すっかり観光気分

さて、腹ごなしも終えた我々家族は、10月下旬の北海道とは思えないほどの好天の中、函館市内観光に回ることにします。すっかり酔っている私はこの日は一日中安定の助手席 (確信犯的苦笑)さきほどフェリーで我々を出迎えてくれた函館山へと向かうのでありました。ご存じない方もおられるでしょうから一応補足しておきますと、函館山は夕方から夜にかけてはマイカーの入山規制を行なっております。これはもちろん世界三大夜景とも称...
Category 北海道
  • Comment 0
  • Trackback 0

函館行② 上陸

津軽海峡フェリーに揺られること三時間半、目の前には約30年ぶりの「函館市」が迫ってまいりました。 有名な函館山(火山)がお出迎えしてくれます。実はこの函館山、もともとは独立した島であり、のちに土砂が堆積して陸と続いて完成した「陸繋島」(りくけいとう)という生い立ちなのであります。しかも「函館山」とは全部で13の山々の総称でもあります。・・ということをWiki先生にたった今教えてもらったばかりです (自爆)   ...
Category 北海道
  • Comment 0
  • Trackback 0

函館行 ① 行きのフェリー編

息子の就職試験活動同行の旅、いよいよ海を渡る!!しかも今回は思いっきり旅行気分で家族も一緒だぞ!! (爆)金曜日の晩、大抵の方々がやれ華金だ、ぶあ金だと言ってる間に私は塾を終えてからまっすぐ帰宅、久々に取り付けたルーフボックス(今乗っている軽には初めて装着)に寝袋やテントなどを押し込んで、いざ青森港フェリー乗り場へ深夜のドライブ開始であります!!!今回はなんと別居中の長女を除く家族全員(4人)での出立であります...
Category 北海道
  • Comment 2
  • Trackback 0

弘前行② 中みそ~大館高田屋

記憶が遠のく前に弘前後編を書いておかねばなりません。なにせこの後は北海道行の記事も控えているのですから(爆)気持ちの良い朝風呂を浴びてから、ホテル内にある飲食カウンターでブレックファストだす(笑)ここのアジフライはなかなか旨いという前評判でしたので、当然TPします。目玉焼き定食withアジフライ 合計650円也。この際「わたしぃー、糖質制限中なのでぇー、ご飯とかぁー、食びらりないしぃー」なんて言ってられません(...
Category 青森観光
  • Comment 0
  • Trackback 0

弘前行① まる鐡二代目〜夜の弘前

先週の青森市に引き続き、二週連続での青森入りです(汗)今回も息子の就職試験での遠征であります。本番の試験開始時間が早いため、前乗りする形で弘前を目指します。青森市に比べれば40キロほど近いのではありますが、それでも自宅からは約200キロ。琴平さま、一往復分です(爆)午後2時くらいに出発、またしても下道ばかりでゆっくりと北上、ホテルでcheckinした後、真っ先に向かった先はこちらでありました。惜しくも車内待機組...
Category 青森観光
  • Comment 0
  • Trackback 0

青森行 ② 青森魚菜センター「のっけ丼」「醤油家おゝ田」「三内丸山遺跡」「たぬき亭」

翌日はなぜか新幹線の高架橋下で目覚めました (爆)さっきキリンストロングホワイトを寝酒に飲んだと思ったら、もう朝でした (爆)睡眠時間三時間強では完全の酒が抜けてないのではないかといささか心配になりましたが、目覚めはスッキリ!!再び市内に戻り、息子の宿泊先ホテルへ向かいます。なんとも鄙びてはおりますが、味のあるお宿でありました。(一泊3000円也!!)そして二人で向かうは、朝ごはんであります。昨夜一緒に飲んだ友...
Category 青森観光
  • Comment 4
  • Trackback 0

青森行 ① 青森市内 大勝軒 ダイニング禄(ROKU)

9月、息子の就職試験に同行して青森まで行ってまいりました。しかも二週続けて。隣県とはいえ、東京と神奈川と言った具合とは大違い(汗)トーホグは広すぎます…。ほとんど海外旅行に行く感覚です(大袈裟爆) 試験会場の青森市までは約230キロ。うちからだと庄内を越えて新潟市までとほぼ同じ距離です。この距離をビンボー人はハイウェイも使わず、地道に下道を行くわけですよ、そこのあーた(爆)家を午後ゆったりめに出発。各所で...
Category 青森観光
  • Comment 0
  • Trackback 0

我が家に新しい家族がやってきた!!①

鶴岡の御大と本荘駅でお別れした直後、私と妻は秋田市へ向かいました。今年になり、我が家では私を差し置いて犬を飼おうという計画が水面下で進行中だったようです (笑)主犯は妻でした (爆)ま、私もどちらかというとネコ派ですし、かつては室内犬を飼った経験もあり、ハイハイ歩きのときも「狆(ちん)」が家の中に居ましたので、犬の可愛さは十分承知済みでした。しかし、この夏、それまで元気すぎて困るほどだったセキセイインコの...
Category ペット
  • Comment 0
  • Trackback 0

はんつ遠藤さんと廻る週刊大衆取材アシスタント道中④ 酒田市「花や」「花鳥風月」他

昨晩しこたま呑み、騒ぎ、語った夜でしたが、どうにかこうにか起床、はんつ氏を宿泊先へ迎えに行きます。本日の取材先は酒田市の二軒であります。まず一軒目は、はんつ氏念願の「花や」さんでありました。予定到着時刻は午前10時。やや早めにとうちゃこでしたが、店主・徹氏はすでにお待ちかねでありました。おもてなし中華。食べるたびに微妙に進化を遂げ、着実に腕を上げている感があります。この日はもう一杯いかがということで...
Category はんつ遠藤氏
  • Comment 0
  • Trackback 0

御大極秘来荘 続編

本当はこんな格好して、高田純次バリにバズーカ砲一閃と思ったりしたのですが、それをやったら社長に縁を切られることと、駅前ホテルの社長からも出禁を食らうこと必至だったので思いとどまりました (爆)すっかり自室でくつろいでおられたかっけ社長です (笑)本当に迷惑だったと思われます (自爆)それでも私はどうしても事の経緯を聞いておかねばならなかったのです。てなわけで、「元気」に先輩たちを置いてきて (爆) 、私はここ...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

御大来荘 スピンオフ

お盆休みに入った頃のことでした。4つ上の本高パイセン、ビッグ・フレンドさんから入電です。「至急飲み会のセッティングをされたし」……(大汗)76期のパイセン命令です。例え塾の講義中でも、脱糞中でも、はたまた親の葬儀中でもすぐに返事をせねばなるまい。そんな意気込みですぐに会場を選定!!と言ってもいつもの"焼鳥cheerful"さんですが(爆)集まった面々はみな76期の皆さんなので、80期の私は終始丁稚奉公みたいなもので、終...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

毎年恒例 御大羽後襲来③ 本荘「味の三平」

前日は軽くアクアナイトを送ったおかげで、この日もスッキリと目覚めました。朝一で駅前ホテルに御大をお迎えにあがりましたが、11時まで今しばらく時間があります。ならばと、御大を拙宅へとお連れしたのでありました。えー、琴平ファンのみなさま。特に御大とFBやブログのコメントなどでお付き合いのある方々。御大はこうやって時間を見つけてはPCで自分の記事などを閲覧、すぐさまコメントを入れたり、いいねを押したりしている...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

はんつ遠藤さんと廻る週刊大衆取材アシスタント道中③ MONCHAN RAMEN SHUNと本荘ナイト

お待たせしました。はんつさんももう忘れたであろう記事を続けますよ!浅舞のふじたさんを後にして向かった先は、地元本荘の「MONCHAN RAMEN SHUN」さんでありました!もともとSHUNさんには2年前に訪問する予定でしたが、あいにくその日は定休日であえなく他店を紹介したという経緯があります。モンちゃんは2年越しの取材を楽しみにしてくれていたようでした(笑)本当にナイスガイなのであります。男はこうやって遊ぶんだ!という...
Category はんつ遠藤氏
  • Comment 0
  • Trackback 0

毎年恒例 御大羽後襲来② 大曲~本荘編

昨夜それほど深酒しなかったおかげで、朝はスッキリとした目覚めでありました。この日の昼も二麺行くのを知ってか知らでか、旅行でホテルに泊まったら私が絶対に欠かさないのが「朝食」であります (笑)週末ということもあり、朝食会場は大勢のお客さんで賑わっておりました。かなり地元の食材にこだわっている料理のほか、地元名物の品が数多く並んでおりました。私が選んだのは「神代カレー」他、比内地鶏の卵、エブリシング・バ...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

毎年恒例 御大羽後襲来① 角館編

今年もネンイチのお楽しみの日がやってまいりました。三瀬の御大と行く、秋田県内ラーメン&肉ツアーであります 。今年一本目の白羽の矢が立ったのはこちらのお店でありました。御大は銀座やその他の分店支店では食べているものの、世のラーメンマニアで知らぬ者は居ぬと囁かれるこの本店をよもやの未食ということで、今回はどうしても行かねばならぬと、数ヶ月前から騒いでいるのでありました (爆)と、偉そうなことを言っておりま...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

鶴岡 琴平荘 16期最終日の迷惑最終客 (爆)

万事ものごと、あまり油断こいて"のほほん"と構えていてはいけないのです (汗)この日は琴平荘第16期の最終営業日5月31日(木)でありました。昨年に引き続き、今期も閉店シャッター長をゲットすべく、自宅を午後12時40分に出発。今回は急遽参加と相成った、大曲で二番目に美人で、マイクを持たせたらアン・ルイス本人も凌ぐという「るー」女史の高級車での行脚でありました。さてさて、あまり"のほほん"として出発してしまったため...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

はんつ遠藤さんと廻る週刊大衆取材アシスタント道中②ふじた 浅舞

さて、お待たせしました(誰も待ってない)本日二軒目の取材先は・・・横手市平鹿町浅舞にございます「喫茶と焼きそば ふじた」さんであります。お店の場所は浅舞の街中なのですが、ちょっと通りから引っ込んだところに、昭和の佇まいそのまま、やや遠慮がちに鎮座しておられます。店主さんのママさんに聞きますと、現横手市内では元祖の神谷さんに次ぎ、二番目に古い横手やきそばのお店だとか。創業者である現ママさんたちのお祖...
Category はんつ遠藤氏
  • Comment 0
  • Trackback 0

はんつ遠藤さんと廻る週刊大衆取材アシスタント道中①にぼすけ美郷町

ある日の午後、例によってセルフリフォームに汗を流していた時、ピコンとiPhoneが鳴りました。メッセンジャーの着信音。木くずだらけの指輪で送信元を確認すると…東京の友と最近勝手に思っている「はんつ遠藤」氏からのメッセでありました。そこには、来週の月曜日の夜空いてますか?と短く書かれておりました。このメッセが届いたのはその前の週の水曜日でしたので、もう一週間ありません。しかし、ま、自営業の利。「大丈夫です...
Category はんつ遠藤氏
  • Comment 0
  • Trackback 0

秋田市追分 てっぱん焼き 大雅

琴平詣でを2回共にした「若」のお店へ初訪のかみさんを連れて行ってまいりました。かく言う私もお店で食べるのは初めて。以前お願いした正月のオードブルがあまりにも美味しかったため、早く食べたい食べたいと思いつつ、半年が過ぎてしまいました(汗)無理言って作ってもらったオードブルでしたが、ほぼ儲け無しと若が言うのもうなずけます。かなり素材にこだわる彼ですから、原価率はかなり高めと思われました。今回はそんな彼...
Category らーめん
  • Comment 0
  • Trackback 0

秋田市 ひない軒 チャーシュー麺

秋田市で行われた息子最後の試合を応援後、早起きしたせいで少し小腹が空いた状態で立ち寄りました。二度目の訪店でありました。他店より少し早め、午前10時からの営業が助かります。(雪が残るこの写真は晩冬の初訪時)お店のオネイサンに指定されたカウンター席へ通されます。コの字型の総天然木の素晴らしいカウンターであります。随所にオーナーの様々なこだわりが感じられます。チャーシュー麺(硬め)部位はバラ肉、厚さはほ...
Category らーめん
  • Comment 0
  • Trackback 0

鶴岡市 ケンちゃんらーめん鶴岡店

ある日のこと、ホームセンターで部材を探していたらついつい鶴岡までやって来てしまい (笑) 、ついでにお昼過ぎという事で突然発症してしまった「ケンちゃん」発作。もうちょっとだけ走れば営業していたであろう「壱」さんに心から懺悔してここの暖簾をくぐりました (大汗)四年ぶりくらいのご無沙汰でした。その時食べたのはこちら。肉蓋チャーシュー麺でした。そして今回もやはり…が、明らかにこの四年間で肉の部位は変わってお...
Category らーめん
  • Comment 0
  • Trackback 0

喜多方市 なまえ食堂

約一年ぶりに喜多方市を訪問してまいりました。といってもすでに一ヶ月以上前の出来事です(汗)息子の大会が会津若松市で行われたので、陣中見舞いを兼ねて電撃の訪福でありました。途中、喜多方でのラーメンという選択肢を外せるわけもなく、吸い込まれるかのように閉店間際の名店「なまえ食堂」さんにチェックインです。決して広いとは言えない店内です。先客が一組、我々とほぼ同時に入店された方がお一人、それに我々四人でほ...
Category らーめん
  • Comment 0
  • Trackback 0

セルフリフォーム⑩ 外壁に使う杉板の塗装とその貼り付け

さて、前回の続きです。自宅の狭い駐車場スペースへ加工を終えた板を搬入しました。長尺のため当然自家用車には積載できず、棟梁のトラックに積んでもらい運び込んだ次第です。そして早速「キシラデコール」の出番であります。このキシラデコール、自宅を購入、リフォームなんてことがなければ、おそらく一生その名前を知らずに生きていったことでしょう(笑)私がネットで探して最安値だったキシラデコールキシラデコールとは、家庭...
Category リフォーム
  • Comment 0
  • Trackback 0

鶴岡市 琴平荘 あれこれ 「サタナビっ!」編

溜まりに溜まった琴平関連記事。どれから書こうかと思い悩みましたが、まずはこれからかな。それは4月11日、久々の水鶴でのことでした…年に一度のこの日を心待ちにしている追分の若旦那とともに琴平荘へと向かい、到着したのは午前9時半くらいのことでした。玄関前には常連さんたちが既に待機、まぁそれはいつものことですが、この日はもうその時間に下側駐車場に大きなバンが一台停まってたのです。よく見ると…羽後モーニンググサ...
Category 琴平荘
  • Comment 0
  • Trackback 0

セルフリフォーム⑨ 外壁に使う杉板の面取り加工

今回のセルフリフォーム記事は、この度の住宅購入において一番本格的に行ったことといいますか、お金を掛けたことといいますか、とにかく難儀したことであります。リフォーム計画を立てた当初は、自宅外壁の素材について散々悩みました。あれこれ悩みながらも、最終的には今流行の窯業系サイディングにする方向で決まりかけていたのですが、ある緊急事案が発生したことにより、これをやってしまうとリフォーム予算がすべて飛んでし...
Category リフォーム
  • Comment 0
  • Trackback 0

大友商店さん 大試食販売会 ハーブワールド

今年の天寿蔵開きで知り合った大友商店社長、大友さんからお招きいただきまして、先日ハーブワールドで行われた「鳥海山麓ごっつぉ蕎麦」の大試食会に顔を出してまいりました。時は3月31日、刻は午後5時、西目ハーブワールドのレストランにてこの会は催されました。ちょうどこの日の10日前も、合格パーティーでここを訪れておりました(不思議な縁)実はここハーブワールドのレストランの料理長は、うちの塾生の子のお父さんであ...
Category そば
  • Comment 0
  • Trackback 0

セルフリフォーム⑧ 洗濯場の内壁貼り

だいぶ以前から、将来何かに使うだろうということで、木製パレットを知人から大量にもらい、塾倉庫に保管しておりました。一個一個を手作業(足作業)にて丁寧にバラし、板にして保管しておいたのです。その数はおよそ数百枚。本当ならばそのパレットのバラし方も大変コツがいるのものなので、この場で紹介したいところですが、それはまた温かくなってから動画でも撮って紹介しようと思います。で、その保管しておいたパレットの板を...
Category リフォーム
  • Comment 0
  • Trackback 0

羽後町 BASSOドリルマン 羽後町本店(初訪)

今年は最近にない豪雪に見舞われた東北地方。ここ秋田県南にあります羽後町も街全体が雪に埋もれつつあるこの日、街の中にただ一箇所その豪雪も溶かす勢いの繁盛店が出来たというのを聞きつけ、オープン後二週間ほど経ったこの日、激混み覚悟で訪問させていただきました。若干大雪のピークは超えた日でありましたが、それでもこの雪の多さ。周りにはほぼ雪に完全埋没している家すらありました(驚)みなさん、場所がわかりにくいとか...
Category らーめん
  • Comment 0
  • Trackback 0

本荘 すぎの木 プレートランチ

今回はセルフリフォーム記事は一休み。(まだまだネタは半分以上残ってますよー)前もってお断りしておきますが、今回は全くおもしろい記事ではありません (自爆)撮りためた写真から時を遡って書くという最悪のパティーンです orz高校入試前期試験のため授業が休みになった息子とともに、昼に市内をフラフラ。火曜日につき、頼みの綱の「清吉」は定休日・・orzたまにニンニク臭~い味噌ラーメンでもと思って「一力」に寄るものの団体...
Category 定食
  • Comment 0
  • Trackback 0

秋田市 イオン内グランブッフェ

珍しくかみさんと二人秋田のイオンへ。受験も一段落しかなりホッとしていたこともあり、ついつい気が緩んでしまったというか、アル依存の確信犯というか (爆)すかいらーく系列の食べ放題店「グランブッフェ秋田」以前は「パパゲーノ」というお名前でしたねぇ。場所も当時は二階でしたが、今は一階の玄関先になりました。子供らが小さく、ちょっと小金があるときはたまに利用していました。もう全員が大人料金になってしまった今は...
Category 
  • Comment 0
  • Trackback 0

セルフリフォーム ⑦ 液晶テレビの天吊

今回のお話は、新しく居間になった場所へ、当方御用達のホームセンターKOMERIから特売で買ってきた中華製テレビをぶら下げようという作戦計画です。別に台座置きしても構わないのですが、いかんせん居間はとても狭いスペースなので、少しでも居住空間を広げるべくやってみることにしました。テレビ自体は32型なので軽量だし、万が一落下して液晶割れしても中華製なのでそれほど惜しくない(←さすがにこれはウソ)ので、それほどゴ...
Category リフォーム
  • Comment 0
  • Trackback 0

セルフリフォーム ⑥ 古サッシを再利用して二重窓作成

今回の記事は元の状態の写真が乏しいため、あまり説得力のないものになるかもしれませんが、へぇー、こんなこともできるのだ・・という脱力感を伴うくらいでお読みいただけましたら幸いでございます。中古で購入した我が家は、いわゆる長屋のような形状(間口が狭く奥行きがある)をしており、至る所に不思議なものが付いてたりするのですが、その極めつけが赤で囲んだ「窓」でした。おそらく増改築を繰り返した名残かもしれませんが...
Category リフォーム
  • Comment 0
  • Trackback 0

セルフリフォーム ⑤ 古い蛍光灯シーリングライトをLED直管へ

二階リビングに写真のようなシーリングが付いておりましたとさ。本当はこれにプラスチックのカバーが付いておりまして、なかなか昭和チックな佇まいなのでした。そのカバーは経年劣化というやつと先住者のタバコ? のおかげで実に黄ばんでおりまして、まずはその汚れを落とすことから始まったわけですが、その工程はここでは割愛します。まぁ、ネット先生に聞きますとたくさんの実例が出てきますので、そちらをご参照あれ。少しだけ...
Category リフォーム
  • Comment 0
  • Trackback 0

セルフリフォーム④ ステンレスシンク磨き

中古住宅ですもの。キッチンだってそのまま使いますよ。ですが、ですが。さすがにこのステンレスは傷だらけのローラ。少しはピカリとさせたくなるのが男ってもんでしょう?? (笑)さてどうやって磨くか。ネット先生に聞くことしばし。ヨウツベ教授にも教えを乞いました。で、出した結論は「電気サンダー」でヤスリがけするか、「ディスクグラインダー」(写真のものは最新式。私のは30年以上前の超昔の製品)にフェルトパッドでもつけ...
Category リフォーム
  • Comment 0
  • Trackback 0