FC2ブログ

第17期琴平荘 ここまでの回顧録①

Category琴平荘

2018年10月1日、通算17期目の琴平荘さんがオープン致しました。

と言っても、もう三ヶ月半も前のことです(大汗)

当ブログにも上げておりますように、個人的に10月からは週末の度に激忙スケジュールの繰り返しで、あまりブログ執筆(そんなに大袈裟な言い方もおかしいが)に時間を裂けておりませんでした。

もちろん大恩ある掛神社長の琴平荘のオープンには、例え五体不満足になっても駆けつけなくてはいけません。(でもスピード違反はもうしません爆)

今期も当日もちろん馳せ参じた次第です。




ここ数年、異常と言えるほどのシャッター長争いが繰り広げられるオープン日。

この日もシャッター長は深夜のうちに並んだそうな(驚愕)

私は泰然自若。

一巡目には入れませんでしたが、それでよし。

やはりオープン日は何度来ても心が踊ります!



これこれ、この瞬間を四ヶ月待っていたのです。

もちろん一杯目はデフォの「中華そば あっさり 麺硬」

17期の麺はさらにブラッシュアップ!
麺に相当なこだわりを持つ社長ならではの完璧な仕上がり!

スープも前期までの魚介系主体から、やや動物系にシフトしたのか、それとも何かを引いてまた何かを足したものか。
素人には全く判断つきませんが、はんつ遠藤氏の言葉を借りるならば「爽やかな」風味になっております。

大満足!!



と、一杯で大満足してた私ですが、なんとお隣では「けん」さんが琴平信者憧れの「三色抜き」!!(爆)

一体彼のストマックはどーなっているのだ!?(爆)
茹でる前で700gオーバーの麺と、ざっとスープ1キロ!


これを涼しい顔で平らげるという漢。
Mr.けーん。一人胃袋大移動(核爆)
私はあなたを心から尊敬します!




10月中旬。好天に恵まれた日。


この日は仲良しの皆さんと和気藹々の琴平様でありました。






中には「初詣」の方もおられます。

それにもまして「ケン」さんが三人おります(爆)

そのうちの一人、我らがアイドル「ケソチャソ」です(爆)




人懐っこくて、誰にでも抱っこをせがみます(笑)

抱っこしてもらう相手が膝を痛めていたって、二日酔いでフラフラだって、そんなのおかまい無し(爆)
とにかく飛びつく飛びつく!(笑)

この日もケソシソワールド全開でありました!





琴平さまで替え玉をすることはほぼ皆無なのですが、この日はハーフをお願いしました。
それほど食欲を抑えられなかったのであります。

この後はみんなで小真木原で開催されていた「鶴岡大産業展」に移動し・・・

IMG_8915.jpg
IMG_8916.jpg

ケソシソくんも大満足の模様 (笑)





10月下旬、この日は前日訪れた函館みやげを持って琴平詣で。


29.jpeg

miso.jpeg

misolift.jpeg

おとなし目の出発で、29番なり。

それでもこの日は今季初の味噌を頂くことができました。

ちなみにこれが限定20食の最後の一杯だったそうで、滑り込みギリギリセーフでしたが (冷汗)

これまで何度もこの場で書いておりますが、この「味噌そば」は超絶品でありまして、これを食べたことがない方は気の毒と言ってもいいかと思われるレベルです。

限定20食、替え玉、大盛り無しという設定ではそろそろクレームが来るのではないかという懸念すらあります (苦笑)

これを書いててまた食べたくなってしまうという、中毒性もかなり強い一品 (笑)




10月末日、前日にたくさん採れた「ムキタケ」を奉納すべく参じました。

ムキタケ

昨季、ナメコとムキタケは豊作でありました。

社長も15年ぶり食べるということで、かなり喜んでいただきこちらも安堵した次第。

この日は久しぶりに再会した方もおりました。

三年ぶりくらいに会ったでしょうか・・・(滝汗)

ヒデちゃん

すっかり庄内ラーメン界の若きホープというより、若き帝王といった趣きの「HIDEチャソ」であります。

そんな方であっても番号札配りから始めなければいけない琴平荘なのであります (爆)

HIDEチャソは劇カワいリコピンと奥様と一緒でありました。もうすっかりパパさんなのであります。

さてさて、この日は今季初の「塩」でありました。

しお

三色どれを食べても超うまなのですが、この塩にも熱烈なファンが多いとか。

個人的には、スープと麺とのバランスが一番合っていると思われるのがこの塩です。

しおねぎ

ネギ増しにしていただきました。

琴平荘の中華そばの具の中で何が一番好きかと問われたら、それは安定のチャーシュー、鉄板のメンマ、風味ピカイチの海苔などを差し置いて、この「ネギ」なのであります (へそまがり爆)



これにて10月中に三色すべて制覇。

完全に「セイゲニスト」なんてやめただろと言われそうな感じもしますが、他の日はきっちりとやっております。




だからこそ琴平中華がさらにめちゃ美味しく感じるわけでもあります。



(核爆)

11月からの参拝についてはまた後日・・・。


関連記事

スポンサーリンク

琴平荘

0 Comments

Post a comment