金浦 さざなみ食堂 ラーメン

Categoryらーめん
金浦漁港のすぐそばにあるこじんまりとした食堂です。



いつ通っても営業しているのかどうかわからなかったので、地元のらーめん部の方に確認してからの初訪です。

悔しいことは書きませんが、一麺目で少しお見舞いされたので(笑)口直し感もあっての訪問でした。



初訪のお店では、私も大概の皆さん同様、デフォの中華そばor醤油ラーメンを頼みます。
こちらではラーメン¥600でした。

一瞬ラーメンにしてはいい値段だなと思いましたが、やはり消費税アップや資材の高騰の波には勝てなかったのでしょうね。(4月までは¥500だったようです)

さて、小上がりにて着丼を待ちます。
程なくして提供されました。


初めから胡椒がインしてます^^;

最近全くラーメンに胡椒を入れなくなった者としては「う~ん」なのですが、幸い粒の大きい黒胡椒なので、その部分をレンゲですくって飲めばいい話。

おや?小皿がついています。肉野菜炒めのようですよ。
一口パクリ。下味はついていない感じ。もしかしてこれをラーメンに入れるのかな?

普通に野菜中華になりました(笑)

スープはほんのり何かの魚介系が香ります。煮干しにしては少し弱いし、節系のような和風でもありません。大人しめのスープです。何かがぽっかり抜けているようですが、それが何の出汁の風味なのかはわかりません。そこにスポンと何かがハマればとてもバランスの良いスープに激変しそうな感じです。

正直、化調は強めです。しかし嫌いではありません。

麺量は県内の普通にしてはやや多め。しかし庄内の普通に比べたら少なめ。180グラムくらいでしょうか。

何より驚いたのがチャーシューです。
なんとももチャー2枚に、琴平荘さんと同じ肩バラが1枚乗っています。ちょうど良い味付けでスープを壊しません。

メンマも細切りで、トッピングしたモヤシと一緒に食べると良い食感です。

味噌もあるようなので、次回は味噌焼肉ラーメンでも食べようかな(^^)

「また来てください」と帰り際レジのおばちゃんに言われました。私はそういうお店にはかならず再訪することにしてます(^^)

関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment