鶴岡市 太麺屋→仁

Categoryらーめん
判子競争も終わってゆっくりとした「水鶴」のこの日。

海辺キングのシャッターは寝坊のため無念の志願先変更。

この日息子さんと「オタ中」で遊んでいるというマ田力氏を太麺屋さんに呼びつけました(爆)

何ヶ月ぶりだろう…かなり久しぶりの訪問です。
悪天候のおかげか、普段は昼時待たねばならないはずですが、この日はすんなりカウンターに座れました。
すぐさまマ田力氏がオーナーのK社長に挨拶、私も久々なので忘れられていると思いながらもご挨拶。すると社長は「おっ!今日も鶴岡で呑みですか!?最近いつもやってますよね!」とお声がけ下さいました(^^)

すごい記憶力と情報力です。驚きました(゚o゚;;

で、マ田力氏と食べるラーメンなり
油っぽく 麺硬め 太麺




麺がバージョンアップしてから初めて食べたのですが、麺に加えてチャーシューもバージョンアップした模様です。
というか、以前とは別物になった感じすらします。個性が前面に打ち出され、完全に太麺屋さんのラーメンと言えるでしょう。K社長はやはり只者ではありません。

その後マ田力氏の案内でコミュニティ新聞社に行き、庄内小僧2冊目をゲット。



1月の末まで期間がありますので、もう少しだけ回ってみようかと(^^)
本当に美味しかったお店が何軒かあったんですよね~

さて、久々に太麺屋さんを訪れた後は、やはり久しぶりに余目ケンちゃんに行きたくて仕方なくなりました。
あの肉増しチャーシュー麺が目に浮かびます。


これこれ!これが食べたいのです!

ところがです。わたしのメッセンジャーがピコんと鳴ります。
マ田力氏より指令です。
ケンちゃんなど消化が悪いぞ、夜まで胃もたれするぞ、だから新店の「仁」さんへ行ってレポして来い!というのです(゚o゚;;
マ田力氏の背後には恐ろしい方達がズラリと並んでいるので、命令には絶対服従です((((;゚Д゚)))))))

私は泣く泣くアマケンを諦め、開店間もなくオペ混乱必至の「仁」さんへ向かわざるを得ないのでありました。



ところがお昼過ぎということもあり、店内お客さんはまばら。おかげでゆっくりメニューを見ることができました。



おや?中華は中から?小はないの?
てなわけで、女性従業員の方に小はないのか尋ねると「何gくらいがよろしいですか?」と言ってくれましたので…
「150gでお願いします」とわがまま炸裂(笑)




スープから漂う煮干しと節系の良い香り。これはうまそうです。一口すするとブワーッっと煮干しが広がります。
鶴岡のではあまり食べられないタイプの魚介系ですね。
麺は富樫製麺によるものなのか、目の前に会社名の入ったお祝いの日本酒が飾ってありました。

チャーシューはあらかじめカットされたタイプのものでしょうか、幾分薄めでしっとり感はありませんが、しっかりと味付けされております。

会計時中盛りと同じ金額かと思いきや、50円引いていただきました。わがまま言ったのにスミマセンm(_ _)m
中盛り700円、大盛り800円と決して安くないですが、あの幸楽苑でも290円ラーメンを廃止するようですし、デフレ脱却のアベノミクスがこんなところにも現れてきていると思うことにしましょう(笑)
またこちらのお店は有名ブロガー「雷軒」さんのお知り合いとのこと。
きっとこれからますます御繁盛されることでしょう。期待したい新店でした(^^)
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment