鶴岡市 琴平荘といろは食堂と体育館事件(爆)

Categoryらーめん
久々の水鶴DAY。


当然まずは琴平荘シャッター。
一ヶ月のご無沙汰でした。




本当はこの日四人でワイワイとやる予定でしたが、同行予定者にいろいろあり、いつも通り6番さんと二人での詣でとなりました。


私はこの日の水鶴のために、合格パーティーの日時も18名と何度も相談して、無理くりに変更し決まった経緯があるので、何がなんでも詣でるつもりでおりました。
並々ならぬ決意があったのであります。

数日前まで大腸憩室炎を再発しており、合格パーティーもこの水鶴も果たしてどうなるものかと心配だったのでありますが、持ち前のバカ精神力でなんとか寛解させたのであります(爆)


さて全く話は違いますが、千葉県のほぼ全体を網羅する半島の外れに、日本一美味しいと評判のラーメン屋があるそうです。

なんでも、加水率半端ない美しい綿のような喉越しの奇跡的自家製麺で、スープは巨大な寸胴で、節系、丸鶏、豚骨などを数時間煮込んだ出汁を取るんだそうです。
店主は独学で店を立ち上げ、どこの店で修行したわけでもなく、日本一のラーメン屋と言われるようになるまで努力することが夢だったそうです。

ラーメン屋を立ち上げる前はごく普通のサラリーマンだったそうですが、就業時間が終わると同時にスマホを大活用、様々なサイトを覗いて勉強し、多くのコメントを残し、次々とラーメン好きの仲間を増やしていったそうです。

これが功を奏したのか、わずか開店半年そこらで押しも押されぬ人気店になった秘訣だとか。


私はそんなに遠くまで絶対に食べに行くことはないと思いますが、嵌った人は遥々県外からわざわざ月に4回も食べに行くそうです。



先日、脱線話を書いたら、ことのほか元祖脱線大臣にウケて頂きましたので、今回も少し脱線から入りましたが、私は比較的優秀な青春時代を送ったので、あまり派手な脱線話がないんですよね(笑)

でもその品行方正ばかり(爆)の記憶の引き出しを少し開けてみると…



その昔、私が本荘サウスジュニアハイスクール時代(もはや脱線の仕方からパクリですけど)、とても仲のよい友達がおりました。ま、早い話が親友ですね (笑)

そいつとは幼稚園→小学校→中学校までずっと同じでしたので、彼の人となりは全て把握しておりました。

実はその彼、昔は比較的多かった「養子」なのでありました。

周りの者はほとんどその事実を知っておりまして、「知らぬは本人ばかりなり」なのでした。

ところがある日の放課後、このバラしてはいけない事実を、ちょっと頭の足りない友達が(爆)本人の前で公言してしまったのであります。確かクチ喧嘩したついでの捨てゼリフだったと思います。

「おまえ、もらいっ子のくせに!」とかそんな度ストレートな言葉だったと思います(笑)

そして走って逃げようとします。


その場で言われた本人はしばしボー然としていました。


周りにいた私ともう一人は、走って即座にその言ってはならないことを言った奴の首根っこを捕まえて、そのまま体育館のステージの下にあった用具室に連れ込みました。

「なんであんなことを言ったんだ!この大馬鹿野郎!」

と、そいつを今風に言うとボコボコにしたわけです。

「5分」ではこっちも疲れるので、たぶん3分くらいだったと思います (掛爆)

しかも顔はバレるからやめろ、ボディボディです(爆)

昔、膝で相手の太ももを蹴ることをなぜか本荘では「チャランボ」とか「チャランポン」と呼んでいましたが、その連発です。

手も出ましたが、膝攻撃は体力をあまり消耗しない、効率の良い打撃方です。



断っておきますが、この行為はイジメではありませんよ。


制裁です (核爆)


正義感に燃えた私ともう一人による、社会通念上、やってはいけないことをやったらどうなるかということを教える儀式です(笑)


翌日、もらいっ子と呼ばれた彼の表情が妙にサバサバとしていたことをいまだに覚えています。


その後彼は付き合っていた彼女と駆け落ちして東京に逃げたりと、およそ普通の中学三年生では考えられないような行動を取ったため、地元の高校には入れませんでした。


その彼が進学した先の高校のイッコ上の先輩が、かの恐ろしきボンタン脱線大臣、もとい、カケガミパイセンなのでありますから、世の中はやはり狭い!!

しかしそのカケガミパイセンは、その彼のことを存じているとは言いますが、なぜかあまり昔のことを語ろうとしないのであります。
何か高校時代に彼と因縁でもあるのでありましょうか (爆)
恐ろしいので聞けませんが(爆)


話を元しますが(汗;)、この日は超メラゾーマシャッターで6番さんが不動のファーストバースを決めてくれたおかげで、私よりほんの少し入館された団体さんより早く食べることができました。お先に頂きすみませんでした、吉◯堂の方々…。



その日の体調にももちろん依るとは思いますが、今回の塩は頭から潮を吹くくらいの旨さでした(爆)

間違っても「潮を吹かせるほど」ではありません(核爆)

あんなコメント欄で変態の面目躍如とは、いただけませんよ、kuriさん!(核爆)



下ネタトークは、私のブログを読む可愛い子猫ちゃんたちが引いてしまうのでこれ以上書きませんよ、kuriさん(爆)




これですよ、これ。That's it!

ザ・パーフェクト。

Overwhelming オーバーウェルミング。

他を圧倒する、本当に舌を巻く旨さというやつでした。



琴平荘さんの絶品塩中華そばは、こちらから注文して自宅で食べることができます!!


開店前、久々に社長と厨房トークをしましたが、その内容と冒頭の脱線話がこっそりリンクしているというのは、私と社長しか知りません (超謎核爆)



このあまりにも旨かった塩を狙って、この一時間後、本荘の超人気ラーメン店の店主が来館したという話もあります (笑)
その後その店主たちは晴天さんに無料味玉を食べに行ったというまことしやかな情報もありますが、ここでは割愛します(笑)


さて、ほとんど旨さにノックアウト寸前の我々でしたが、やっと正気を取り戻して雄ちゃんサンクスに寄り、本当は立ち読みで済ませようと思っていた雑誌「庄内キッズ」を仕方なく買い(爆)、二麺目へ向かいました。

この日は6番さんにあまり時間がなかったため、6番さん地元の横綱店「いろは食堂」さんにお邪魔いたしました。






塩中華です。



いわゆる裏メニューというやつで、常連さんしか頼めません(てこともないだろうけど)。

6番さんにお願いして注文してもらいます。


ちなみにここでは6番さんは「1番さん」になりました。6番テーブルは風がまともで寒いんだそうです(爆)



ぷりっぷりの麺に、やや全体的に濃口ながらも上品な動物脂がふわっと纏い、なんともいわれぬ美味しさ。麺を啜った後の鼻腔には、魚介出汁の香りがスーッと抜けていきます。ワンダホーなひと時です。

よく芸能人のバカ達が、食べ物を口に入れた瞬間「うまい!」と騒ぎますが、あれには少々我慢ができませんな。

尺の都合から早めにコメントさせるのはわかりますが、食べ物の美味しさは喉を通って香りが鼻腔を通らないとわかんないっちゅうの。

鼻をつまんで食べて、いったい何が美味しいかってことですよね。


さてさて、クールダウン。

スープの中に千切りになった昆布や、微塵切りの干し椎茸たちの顔が覗きます。

もう一つ何か果物の皮のようなものも見えますが、舌では判別不能でした。

すぐ売り切れてしまうというチャーシューのうまさ、全く妥協のないメンマに至るまで、完璧。私のようなボンクラには何も挟む口がありましぇーん!





三瀬と大山の両横綱の塩を頂いたわけですが、当然両者のタイプは全く違い、比較はできませんし、しようとも思いません。

ただ言えることは、両者とも唸るほど旨く、わずか半径10キロ圏内にここまですごい塩を食べられるお店が二軒もあることが本荘市民として信じられません。



6番さん、今日もありがとうございました。

私も何事も定量を守れるように努力する次第です(謎爆)


スポンサーリンク



もはや山形の文化!! 中華そば処琴平荘のあっさり中華をご自宅で!

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

羽後塾長  

Re:

週一さん
その人にしかわからない事情というものはあるものですから、致し方ないことです。
また次回ですね。

2015/03/26 (Thu) 11:23 | REPLY |   

kakke社長  

No title

養子は頑張り出世する人が多いですよ!

よぉ~し、頑張ろうと思うのでは無いでしょうか?(核爆)


実の親から「橋の袂から拾って来た」と言われるよりもショックは少ないんじゃ?(爆)


親子関係が上手く行っていれば、冗談で済みますが、これは一種の虐待でしょうorz

ボコボコは3分とか限りません(笑)

泣けば、3秒で終りますが、泣かない奴は10分~15分もボコボコ状態にします。

しかし、ハイスクールになるとあまりの恐怖感なのか?泣く奴は滅多にいなかったので、適当なところで止めないといけませんでしたよね?(爆)


2015/03/26 (Thu) 18:39 | EDIT | REPLY |   

羽後塾長  

Re: No title

kakke社長

おばんです。
いつもながらキレまくりの親父ギャグ、ありがとうございます(笑)

私の場合は、橋の袂にあったダンボールから拾ってきたらしいです(爆)
ちなみにかみさんは畑に植えられてたのを収穫してきたと言われたそうです(核爆)

そう、幼少のケンカは泣けば終わりでしたね。
私はケンカでは痛くて泣いたことはありませんが、虫歯の痛みでよく泣きました(爆)

文末で「?」と私にフラれてますが、何度も言いますように、私は清廉潔白なハイスクール時代を送ってきたので、指詰めようとしてビビりションさせた上に、チャリごと堀に投げ込んだなどといった武勇伝は、一つもありません(核爆)

ドカバイを無免許で警察署の前で運転して、あえなく逮捕、パトカーに押し込められてからドアを開けて脱走したくらいが関の山です(核爆)

今度社長が花火抗争事件を書いたら私もこの事件を書きますよ(笑)

2015/03/27 (Fri) 20:55 | REPLY |   

羽後塾長  

Re:

週一さん

ナイスリカバリーがどの辺なのかよくわかりませんが(爆) 泣けたのなら良かったですね(核爆)

2015/03/27 (Fri) 20:55 | REPLY |   

Post a comment