鶴岡 琴平荘社長おまかせ→晴天の風燕三条

Categoryらーめん
先週シャッター長できなかった憂さを晴らしに、本日もお連れ様を伴って午前8時出発のお昼ご飯の旅!!(核爆)

朝8時、正に出勤時間帯にお昼の中華そばを食べに行くって、落ち着いて考えたらすごいことです (笑)



お連れ様と車内トークをしているうちにあっという間に到着です!


今後のシャッター長争いに差し支えがあるので、敢えて到着時間は書きませんよ (爆)

まだ日が昇り切らないうちの到着だったかもしれません(笑)

おいおい、8時出発って冒頭書いてるやん(笑)


なんと!今日から琴平荘さんでは、古くて新しい人が1名加わっておりました!(笑)

んん?よく見ると髷も結えなくなった方か?(爆)



なにやら一生懸命麺揉みをしています。

うーむ、このお方が麺を揉んでいるなんて、物凄い違和感です(爆)

エロいこの方が揉むものは違うのでは?と何度も思いましたが、美女だらけの密室ではとても口に出せなかったので、私は気を揉んでしまいます(核爆)

万が一下ネタなんか言ったら「えー、やっぱこの秋田の塾の人、エロオヤジじゃーん。変態じゃーん」と言われてもおかしくない雰囲気でした (核爆)

ましてナギサドンからは「えーっ、やっぱりマナブさんてその程度のチ◯カス野郎だったんですね」と冷ややかに見られ兼ねません (超核爆)




やがてその古くて新しい方は上の厨房に上がってきて、今度は何やら親しげに社長達とトークです。
およそ新人らしからぬ馴れ馴れしさです(爆)

へりくだるということをどこかに忘れてきたようです(核爆)



さて、午前10時、駐車場に山形ナンバーのセカンド岡田選手が到着。


見るからに営業車なのですが、少々運転が乱暴です。

その方は車から降りるやいなや、ダッシュで玄関に走ってきます。かなり焦った営業マンみたいです。

きっと開店前の琴平荘さんに何かを売りつけに来たものと思われます。


社長もその一部始終を館内から見ていたようで「うちは営業お断り」と言って玄関まで出てきました。

私も丁重にお断りしようと玄関で待ち構えていたのですが………。

よく見ると琴平荘シャッターキングの6番テーブルさんなのでした (超核爆)




この日はどうしても外せない用事があったそうで、痛恨の2日連続でのセカンドシャッターです(笑)



そこにハローズのくり社長も加わり、何やら館内は琴平プチ同窓会というか、出家信者会のような様相を呈してきましたよ(爆)

本荘からのお連れ様におかれましては、何度もおいてけぼりを食らわせてしまい、ごめんねごめんね (笑)


そんなこんなで開店のお時間となりました。


最近シャッター長を取ったものが何故か整理券配布という仕事を任せられるそうですので、私も今日はお手伝いすることにしました(笑)



お客様に「おはようございます!いらっしゃいませ!」などと声をかけるなんて何十年振りでしょう(笑)
実に気持ちの良い朝です!

と、8番まで配っていたら、大広間から「ラーメンできたから早く戻ってきて!」と呼ばれましたので、残りの整理券は新人に任せて大急ぎで戻ります(爆)

今日の中華そばはなんと注文していません(核爆)

完全に社長におまかせです!

間違って昨年作ったワンタンとか、煮込みホルモン中華が出てこないかと、ほんのわずか期待しましたが(爆)、鉄板のおまかせ硬麺が着丼しておりました!





(爆)



琴平荘さんの中華そばは、こちらから注文して自宅で食べることができます!!


社長おまかせ中華そばなのですから、たくさんトッピングを入れて(例えば味玉10個とか(爆))もっと儲けてくれたら良かったと思いますが、さすが社長は気遣いの人なのでした(笑)
我々の二麺巡りをちゃんとわかっておられます。

6番さんは水曜日定番のこってり塩、くりさんは醤油大盛おまかせ、お連れ様は初の塩を食べておられました。

今日は4人のうち誰一人として箸を置くまで話をする人がいませんでした。
まるでガニを食べてるかのような静寂さです(爆)

ズルズルっゴビゴビっという音だけが6番テーブルを包み込みます(笑)

それだけ言葉にできないほどのうまさが、今日も我々を襲ったといったところでしょうか。

ちなみに6番さんは三日連続です(驚爆)



私のお連れ様は見かけによらずフードファイターで(爆)、「ワタシぃ、猫舌で食べるのゆっくりなんですぅ❤️」と言いながらもしっかりみんなとペースを合わせて完食!
お腹もまだまだ余裕だと言います(汗;;;)

素晴らしい(爆)




帰り際、新聞社のごとく厨房に取材陣が入り込み、新人さんを盗撮しまくります(爆)



<瑛くんの目が不安げです(笑)>


もう一人の若い新人さんは「がんばれよー」と声をかけましたが、周りの音で私の声がかき消され、聞こえなかったようでした。



彼ならこれまでの幾多の実績があるわけですから、飲み込みも早く、一般の素人が習うよりも早く本業としてやっていけるものと思います。

その表情からも真剣さが伺えましたね!

ここまで来たからにはもう全てを賭けて頑張るしかないんだ!という力強さが滲みでていましたし!


どんな人にも笑顔で接し(時には作り笑顔)、敵を作らない商売人になってほしいなぁ。


今は全く気持ち的に余裕がないでしょうが、少し落ちついた時にふとそんなことを真剣に考えてくれたらと思います!!





てなわけで、山新の取材陣がわんさか厨房に入ったので、私は社長他みなさんにろくな挨拶することなしに館内を出るのでありました(謝)



さて、二麺目です。


情報によると、今日は「晴天の風」の加賀山欣ちゃんのお誕生日らしいとのこと。

それならば限定でも食べに行こうということで3人の意見は一致し、ちょっとした手土産を6番さんと割り勘で買ってお届けに~



店外までものすごーーいチャーシューの香りがぁ~~



香りの正体はこれでした!とにかくうまそう!!

このチャーシュー食べたさに本荘から車をぶっ飛ばし、見事に覆面に捕まった方を私は知っています!(核爆)

それほど魅力的なチャーシューなのでありましょう!


私たちが奇しくも3人同時にお願いしたのはこちら!!




本場新潟の名店店主も認めたという燕三条(系)背脂煮干しラーメン!

…の前に!

まずはいきなりお通しのようにこちらが!!



欣ちゃん、すみませぬ!いただきます!
ギョーザもうんめえー!



フワーッと鼻に立ち昇る煮干しのフレーバー。

スープと玉ねぎをレンゲでかき混ぜると、絵もいわれぬ香りが舞い踊ります。

極太麺ピロピロ麺は私のみ硬麺コールで。

うーーん、ワシワシピロピロ、煮干しと背脂のコーティング、うんまいなぁ。

味玉やチャーシューに欣ちゃんの気持ちを感じながら大変おいしく頂きました。


これはわんたん麺に次ぐヒット商品になりそうな予感ですよ!


そして食後にはなんと!!


6番テーブルさんからのおごりで、こんなデザートまで!(爆)




少し脂ぽくなっていたお口の中から、綺麗サッパリと脂さんがいなくなりました!

誰とチューしても大丈夫なくらいです(爆)


でもいくらなんでも6番さんとチューはできないのでありました (笑)

だからと言って、お連れ様にはしっかりとお付き合いされているお方がおられるので、そんなことをしたら早くて明日には子吉川河口で溺死体が浮かびます(爆)

というわけで、何もできないままお店を後にするのでありました。


欣ちゃん、お誕生日の日にかえって恐縮しました! 美味しいデザートまで!!(核爆)

きっとお連れ様がお友達に素敵なお店だと紹介してくださり、本荘からわんさかお客さんが訪れると思いますよ!(笑)



6番さんとはここでお分かれして、私たちは少し市内をドライブ、少し花の咲いた「鶴公でおま!」で桜でも見ようかとも思いましたが、まだ寒いので止めました (笑)

もし行ってたらカメラマンくりさんと鉢合わせするところでした。そしたらまた盗撮されて私は熟年離婚になったかもしれません (核爆)


おとなしく本荘へ向かい、帰宅したのはなんとこれまでの水鶴最短の午後2時半でありました。


おかげで、早くもこれを書いております。


本日も6番さん、お連れ様のBecome子さん(笑)始め、くり社長、そして琴平荘と晴天の風の皆様、ありがとうございました!


麺創房オレンジキング!軒と、なんちゃっ亭マタリキの一日も早い開業を願っております(爆)


マジで頑張ってください!!!

俺は5年後に…(笑)
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

2 Comments

kakke社長  

No title

ナイスシャッター長でありました!あれこそがメラゾーマレベルです!(爆)

そして、整理券配りは助かりました。

連れの女性は愛人と分析していましたが、違った様でありますな?(核爆)


捜査は取り止めです(爆)

2015/04/09 (Thu) 16:02 | EDIT | REPLY |   

羽後塾長  

Re: No title

kakke社長

昨日は四人一同押し黙る一杯をありがとうございました!

ありメラゾーマシャッター長であります。
整理券配り、近々エロ主さんとともにやりたいと思います(半爆)

ついでに私はできたら切り忘れメンマよりも端っこチャーシューが好みであります (核爆)
その為ならサンクスのお客までポン引きして連れてくる所存です(雄爆)

なお愛人の件につきましてはノーコメントとさせていただきます(爆)

それは例え大女将さんから聞かれたとしても頑なに口を閉じたいと思います (勇&學爆)
またそれはおそらく麺の箱問題より遥かに上を行くNGだと推測されます (掛爆)

2015/04/09 (Thu) 17:26 | REPLY |   

Post a comment