水曜どうでしょうキャラバン withわくわくフェア雄物川河川公園

Categoryその他
昨年に引き続き、今年もやってきてくれました水曜どうでしょうキャラバン隊。

しかもうちから近い雄物川での開催で、しかも土曜日という好条件。



子供達を連れて約一時間、あっという間に現場到着です!!



昨年の戸沢氏祭りも暑かったのですが、今年はそれ以上!しかも休日ということですごい人出!



容赦無く頭のてっぺんからギラギラとした太陽が照りつけ、子供達は開始早々グッタリし始めました(笑)




写真右のオレンジ短パンを履いてる方が、この番組の生みの親、ヒゲでデブ(爆)こと、藤村ディレクターであります。

私のイッコ上であります(笑)




「水曜どうでしょう」は知らずとも、いまや大泉洋のことを知らない人は少ないと思われます。

最近では……



NHKの朝ドラにも出演。
ダメ親父を熱演しておりますが…

やはり彼をこの世に送り出したのは、この水曜どうでしょうと言っても過言ではないのであります。


秋田県では水曜どうでしょう(以下”水どう”)はほとんどリアルタイムに近い形で見ることができたので、ファン(どうでしょうファンのことを藩士と呼ぶ)も多いのであります。

私もその一人でありまして、テレビ放映はもちろん、DVDもほとんどすべて見ているのであります。


ここでこれ以上水どうの紹介をしても"どうでしょう"ということで割愛しますが、兎にも角にも面白い番組なのであります。



その大泉さんやミスターは来ませんが、先に紹介した藤村さんとカメラマンの嬉野さん(愛称ウレシー)がたくさんのグッズをトラックに積み込み、東北内で売れ残り商品を売りまくるこの企画(笑)

今年は新潟まで行ったようですが、藩士の多い秋田はここ雄物川ともう一箇所の計2カ所でキャラバンを敢行したのであります。


イベント開始の1時間以上前に到着したのですが、配られた整理券は…






でしたorz


どこぞの中華そば処でこの番号なら絶望的でありますが、ここではまだ良い番号でありました。


この番号は、後ほどグッズ販売に並んだり、記念写真を撮ったりする際に使われます。


しばしの間、D陣に依るトークショーなどで会場を盛り上げます。





藤村さんのトークセンスはほとんど玄人はだしで、およそテレビマンとは思えない旨さです。

嬉野さんは言葉少なめながら、ビシッビシッと要所を押さえていくスマートトーク。

いつ聞いても二人の掛け合いは楽しいのであります。





会場にはグッズコーナーの他、くじ引きや…



スマートボールに型抜きなどがあり、退屈しません。



ワクワクフェアの方では、毎年恒例の魚とつかみ取り(小学生以下 一人5匹まで)などもあり…



うちの末っ子もチャレンジしましたが、1匹も取れず、代わって父がクマが鮭を取るようにバシャコンと水面を叩き鮎をゲットしました(笑)

中には小学生に混じって堂々と息子につかみ取りを指南するお父さんもおられました(核爆)





取った鮎を受付に持っていくと、焼いた魚と引き換えることができます。

イワシのように小さな鮎を持っていったら、大きなイワナがもらえました(爆)





そして炎天下待ってゲットしたグッズ類です。



Tシャツも欲しかったのですが、短パンを買った段階で予算オーバーで、泣く泣く諦めました。

その短パンは良かったものの、今年のタオルのデザインはイマイチだなぁ…。

昨年のようにレインボーカラーにしてもらいたかった…


写真撮影では、子供連れの人を優先してくれて、早めに順番が回ってきてくれました。


昨年は自分一人でおじさんに挟まれましたが、今年は一番行きたかった長女こそ残念ながら学校の都合で来られませんでしたが、そこそこのどうでしょうファンの長男と、どうでしょうのテーマ曲が流れると、さっさと部屋へ逃げていく次女を連れてくることができました(爆)


来年もまた開催して頂きたく、今からとても心待ちにしているところでございます。



関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

0 Comments

Post a comment