鶴岡市 美酒探訪からの割烹やまと(琴信会) Part I 余目町ケンちゃんからの酒田花や さん

Category
あやうく年に一回のこのビッグイベントを、記憶のはざまに埋没させてしまうところでした(冷汗)

菅生さん


ここ数年毎回訪れているこの日本酒のイベントに、今回は初めてS生さんと行くことができました。

と、その前に・・・・


この日は晩に日本酒を浴びるほど呑み、さらにその後は二次会・三次会と予定されていたので、もう朝から糖質制限オフであります。徹底的にチートデイしますよ と。もう心はすっかり糖質まみれ時代に戻っております (笑)


てなわけでS生さんにぜひとも食べて頂きたかったお店へ参ることに。

まずは一軒目。アマケソ(余目ケンちゃん)さんにて、開店セカンドシャッター長でチャーシュー麺(端肉ver.)です。

ちなみに小盛・硬麺・油ぽくで頼んでおります。

あまけんチャーシュー麺

あまけん麺上げ

たまりません。これを書いててまた食べたくなってしまいました (笑)

この日は我々を筆頭に開店から続けてチャーシュー麺オーダーがあり、オープン15分でチャーシュー麺売り切れ宣言がされておりました(驚)

端肉ver.は、しょっぱい肉が大好きな人には堪えられないと思います。

私はこの肉のためならブラッドプレッシャーが200を超えても仕方なし!! と思っています(爆)

ただしその分スープの濃さはノーマルにするあたりがささやかな自分への気遣い (笑)

同行のS生さんもいたくお気に召してくれたようで安心致しました。


二軒目は久々のこちら!!

酒田に戻って「花や」さんです!

前回訪問したのは2014.8.月でしたので、約1年半振りの訪問でありました。にもかかわらず私を覚えてくれている店主遠藤氏は凄いのであります。

Facebookでよくやりとりしているとは言え、なかなか突然訪れた超久々でしかも滅多に行かない私のような末客を記憶できるのは並大抵の能力ではありません。


私が感じる繁盛しているラーメン屋さんの特徴の一つに、店主さんの記憶力の良さがあります。


ここをお読みの皆さんご存知のように、琴平荘の掛神社長は過去(どうやら中学まで? 爆) の記憶力のお化けみたいな方ですし、味の記憶に至ってはまさにモンスター級 (爆) 

本荘一の繁盛店(本人は謙遜して5番目とは言うけれど) SHUNのもんちゃんも一度食べに来た客の顔は忘れません。



年に数度とか、私のように2年に一度しか行けないようなほとんど一見さんに対しても「毎度です」なんて嘘でも本当でも挨拶されたら嬉しいですよね。

客としてはあまり足繁く通えないお店の店主から声を掛けられることほど嬉しいことはないわけで、結果的においしいラーメンはさらに美味しくなり、そうでないラーメンもそれなりになるわけです (笑)

そして食べ終わればまた来たいと思うわけです。

この関係が両者に福をもたらすと私は考えています。

ラーメン屋はただひたすら旨いラーメンを作ればいいという考えでは、これからの時代、末永く繁盛するお店を続けていくことは不可能だと私は考えます。

と、余談が長くなってしまいました。S生さん!! そろそろお店に入りましょう(笑)





お店が広くなってから来たのは初めてで、少々戸惑ってしまいました。

私はこの日の限定のチャーシュー麺(店主に頼んで麺少なめ)



S生さんは支那そば、だっかな・・・



それぞれスープが全く異なり、支那そばは魚介風味が強く、個人的にはこっちのスープが好みでしたね~

とにかく前回、前々回の訪問時より格段に進化を遂げていました。正直驚きました。
やはり遠藤氏は只者ではありませんでした。

帰り際、今晩食べてくださいとニンニクのお土産まで頂いてしまい二人して甚だ恐縮します。

花やさんといえば、つい最近2号店をオープンされたようで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いですね。

この春庄内には一気に数軒の新店がオープンしたようで、今後ますます目が離せません。

てなわけで、そろそろ鶴岡市の第一ホテルに向かうことにしますか(爆)


まだまたつづく
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment