5/1 本荘 政どん→雪原

Category
ゴールデンウィークということで、この数年毎年帰省している高校からの友とハシゴしてきました。

本荘市内の飲み屋さんをほとんどと言っていいほど知らない私は(爆)、自然といつも行くところが限られます。

ほぼマンネリというクレームがつきそうですが、やはり一軒目はここでしょう。




まだ明るい時間からの「政どん」さんです(笑)

ここでも何度か書いておりますが、政どんさんにはまだ酒も飲んではいけない年齢の頃から来ております。

掛神社長と割烹やまとさん関係に似ているかもしれません。ま、あの方達ほど親密な関係ではないですが、通っている年月は似たものがあるということです。

それこそここでは「政どん事件」など、三瀬酒呑み大臣に負けないような事件もあったのですが、詳細は割愛します(爆)
若気の至りは鶴岡だけではなく、本荘にもあったのです(爆)

昔はいつ来ても常連客で大にぎわいだったこちらも、最近は友とゆっくりと語らいができるほど閑静になりました。。








それにしてもお互い老けましたなぁ(爆)

いけないいけない。お互いの容姿は触れないことにして、さっさと目玉の若鶏の唐揚げ写真でも(核爆)



鶏の唐揚げと言っても普通の唐揚げとは違います。
まさにこれこそ鶏の半身揚げなのです。

本荘の裏ソウルフード?裏B級グルメ?と言えるかもしれません。

クリスマスイブにここで持ち帰りを頼む方も相当おられます。



これまた定番の厚揚げです。
なんといまどき200円ですぞ!



焼き鳥も4本で400円です。

とにかく全てリーズナブルなんです。
(ちなみに一番高いのは生野菜スティックの800円)

これをつまみに高校時代の思い出などを話していれば酒も進むというもの。

それでも二人で食べて飲んで新渡戸稲造からお釣りがきます(驚;;)

ママさん、本当に商売っ気ないんだよなぁ。

近々どうしてもここ政どんさんに行ってみたいという誰かを案内するかもしれません。その人は一度このブログにも登場しております (笑)

それを見て鴨川で一人ヤキモチを妬く人がいる鴨(爆)しれませんが、我関せずです (核謎爆)




続いて歩いて2分のこちらへ初訪です。





雪原(せつげん)さんです。

比較的新しいお店です。

いつも通るたびに気になってはいましたが、いかんせん近過ぎる!(笑)

かえって遠く感じてしまっておりました。

この日は友も一緒ということで、勇気を振り絞っての入店であります(爆)

はい、本日2回目の長渕剛!(爆)







お勧めメニューにはお魚さんがズラリ。

それもリーズナブルです。

そのオススメから炙りチャーシューを。



どこぞのかっけ社長(爆)が見れば「なんでわざわざ炙ったりしてだすのやー」と怒りそうですが、つまみとして頂くにはやはり炙った方がうまいです。

ラーメンのTPとしてなら私も炙りチャーシューはあまり好みません。

サラダも食べ応えあり!!



かなり鮮度に気を遣っているものと思われます。

抜群のシャキシャキ感でした!



出汁巻たまごは中ふわふわで大変美味しゅうございました。

友はこんなのを頼んでましたねぇ。



齋彌の雪の茅舎であります。

齋彌さんのネーミングセンスの良さにはいつも感心します。

以前はずっと「由利正宗」の一点勝負で、かつて大河ドラマで「伊達政宗」が放映された時、それにあやかっていっそのこと「政宗」に変えれば良かったのにと思ったこともあります。そうすれば一気に全国区になれたのにと。

折しも当時日本酒人気は下火で、日本中から次々と蔵が消えていった暗黒の時代だったはずです。

きっとその影響は齋彌酒造さんにもあったと思われますが、頑としてこの由利正宗の看板は変えませんでした。
(いまだに地元ではサイヤというより、ユリマサの名称の方が通ります。)
きっと明治以来の創業、名称には相当なこだわりがあったんでしょうね。

当時、時代の趨勢に押され、もし名称変更していたらここまで人気の酒蔵になったかどうかわかりませんが、日本酒ブームとともに世に出したこの「雪の茅舎(ぼうしゃ)」はいまや本当に全国区。

自社のサイトURLもゆyukinoboushaにしてますしね!

ただ、ぼうしゃと読めない人も多く、その意味に至ってはよほど酒好きな人か、漢字に詳しい人でないとわからないでしょうね。

ちなみに茅舎とは茅葺屋根の家のことです。



だそうですよ。






おっと、ぼうしゃじゃなくて、カ○オ!ぼうしは?(核爆)
お互いにこの角度から写真を撮ってはまずい年齢になりました(爆)



さてさて、こうして30年来の友との夜はゆっくりと更けていくのでありました。

そして我々は本年度いよいよお互い大台に乗って、ますます老けていくのでありました(核爆)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment