5/11 はんつ遠藤氏と廻る県内美味しい麺屋さん その1秋田空港〜神谷やきそば

Category麺類全般
沖縄では早くも梅雨が明けたようですが、ここ秋田ではつい先日入梅したばかり。

まだまだむしむしベトベトする日々が続きます。


さて。ちょうどこの日の一週間前のことでした。

山形市へ向かっている途中、iPhoneのメッセンジャーがピコンと鳴りました。

さて、誰からのメッセかなと確認してみると、それはなんとフード評論家「はんつ遠藤」さんからでありました。


氏とは前に一度お会いしてはおりますが、それはこちらが一方的に彼の働く姿を眺めていただけで、直接会話を交わしたことはありませんでした。


しかし、今年2月、場所は琴平荘さんにてテレビ番組「われら山形ラーメン王国」のロケがあった際、収録前に少し時間があったので、パンチ佐藤さん含め、ちょっとだけお話することができました。

FBではだいぶ前からお友達になっていただいておりますが、その仲が急速に縮まったのが、この夜でありました。

この夜、例のテレビ番組に関して、あることに関して双方の意見が一致し、メッセで大盛り上がりしたのがきっかけでした。

私「いつか必ず本荘に来てください!」
は「運転が下手なんで雪が溶けたら必ず」


みたいなやりとりでした。

私はそのときはいわゆる社交辞令程度にしか受け止めていませんでした。


ところが氏は本気だったわけです。

3ヶ月後にこうして私にとっては半ば冗談で言ったことが実現したわけですから。


話を戻します。


山形市に向かってる最中に頂いたメッセにはこうありました。

本荘のおすすめのラーメン屋さんを数軒紹介してください」


ホイきた、合点承知の助!!と大見得切りたいところでしたが、なんとその取材予定日は本荘で言うところの魔の水曜日。

名だたる名店がお休みなのであります。だからこそ私は鶴岡まで遠征し、水鶴という造語まで編み出したという経緯があります (爆)

しかし、落ち着いて良く考えてみれば、全部が全部休みなわけではなく、お友達のお店もやってるではないですか。


思いついた数店を提案し、前日まで念入りな行程をはんつ氏が計画、いざ私はつらつけねぐ図々しくも彼の助手兼運転手に成るべく秋田空港までお迎えに上がった次第です。

この日の天候は空港付近に濃霧が発生し、もしかすれば北海道まで飛んでいくか、最悪そのまま着陸せず引き返すかという博打的な不安定さでした。

私も運転しながら空港に着くまでその事が心配でしたが、なんとか事なきを得て無事オンタイムに到着と相成りました。




さすがにお会いするまでは緊張します。


自撮りして、こんなヤツだよと、はんつ氏にメッセしておきます(笑)



まなくして御大の登場であります。



ついコーフンして、思いっきり手ブレしてごめんなさい (笑)


はんつさんは相変わらずお若い!



しかぁ~し!! こう見えて私たちは同学年であります。

この点が二人の仲を縮めたと言っても過言では無いかもしれません。


案の定、取材先第一店へ向かう車中でも、大学時代の話などで盛り上がります。

話していたらなんと二人とも同じ大学の同じ学部学科を受け、二人とも見事に落ちた事が判明!!(核爆)

きっとその日は同じ教室で同じ答案用紙に向かっていたものと思われます(笑)


約30年の時を経て、その時の不合格者二人が秋田の片田舎で再会?してるわけですから、人生って面白いですね!(笑)

ちなみに我々の学生時代は、遅れてやって来たというか、往年の先輩たちの栄光を引きずってるかのような、なんともパッとしない学生運動みたいなものが流行っていた頃でありました。


(写真はネット上のものを拝借しました)

走っている車の感じからだいたい私が通っていた頃かと思われます。

三~四年次には友達から誘われていろんなお店に行きました。とは言え今も昔も貧乏は変わらず、小洒落たところには行けません。

若い食欲を満たすために足繁く通ったのはこんなとこでした。



天ぷらの「いもや」さんです。

確か丼ものが500円だったと思います。

目の前でたっぷりの胡麻油で揚げてくれる天ぷらの美味しさに、本当にほっぺたが落ちた気がしました。
東京の食べ物屋ってすげえ!とひたすらひたすら感動したものです。

その他に行ったお店…



さぼうる さん。サンドイッチとか食べたもんだっけ。

数年前家族も連れて再訪しました。
雰囲気そのまま、時間が止まっていましたね。



校舎のすぐ隣にある山の上ホテルです。

もちろん通り過ぎるだけで入ったことはありません。
ボーイさんが宿泊者を出迎える姿がメッチャカッコ良かったなぁ。
数多の文豪たちに愛されたホテルで、いかにもそんな雰囲気満載です。
いつかこんなホテルに泊まったみたいと思いながら数十年、未だその夢叶わず・・・orz

御茶ノ水界隈にはあまりにも思い出が詰まっており、紙面の許す限り思い出の場所を全部紹介したいところですが、いい加減飽きてきた読者の方もおられるかもしれませんので(爆)、もう一軒二軒で辞めたいと思います。



まだ現役であるのかなぁ。 10号館校舎。

確か隣か向かいが日大の校舎でした。

玄関前でいきなり先輩たちが殴り合い始めて、一方が見事にノックアウトされ地面にドーンと倒れた衝撃の光景が忘れられません。バブル真っ盛り。殴り合いしてる暇があったらディスコで遊べよと興奮しながらも内心そう思った良き時代。






ここは千代田線新御茶ノ水駅前にあるレンガっぽい建物で、いっこ下の元カノを連れてたまーにデートした記憶があります。
こういう洒落た空間にいると、秋田の田舎モノも一瞬だけですが東京人になった錯覚を覚えたものです (爆)

これが少しだけ東京に慣れた頃の私であります (核爆)



髪ありますなぁ (核自爆)

これはバンド仲間と京都旅行に行った時のものですが、この時も超貧乏旅行で、仲間に迷惑かけたのがつい昨日のようですが(笑)

金は無いくせに、毎日二箱のショートピースを吸っていた時代でありました!!

おっといけない。脱線の脱線をしてしまうところでありました。




そして御茶ノ水の夜を語ったら絶対ここだけは忘れてはいけないお店があります。

知ってる人は知っている、知らない人は絶対に知らない。未来永劫もう知ることはできない、そんな名店中の名店。

それは「まいまいつぶろ」さんです。



(写真はまいまいつぶろを愛される方のサイトから借りています)

JR御茶ノ水駅すぐ近くの古~いビルの中に店を構えておりましたが、うっかり早歩きすれば通り過ぎてしまうような佇まいの「まいまいつぶろ」さん。

我々貧乏学生や、若いサラリーマン、またはずっと通ってる常連のおじさん達でいつも満席。

なんつったって、一杯100円代のウィスキーが飲めました。
トリス一杯140円だったかなぁ。いや、もう少し高かったかなぁ。ん? 120円だったかもしれないぞ。

とにかくここの半間も無いような、「デブお断りドア」を開け、すぐさま螺旋状の階段を登り、まずは二階席の空き状況を確認!! そしてまた階下へ戻り、おやっさんに「マスター、⚪︎⚪︎みっつ!!」とか頼んでまた二階へ。
その際、「お新香」(内心、ガッコだべ!!とつぶやきながら)と「さきいか」を注文することも怠りません。確かこれで1000円から数百円のお釣りが来るはず。(驚愕)
(この空間で生まれて初めて東京人は漬物に醤油をかけるという信じられない光景を目にしたものです)

帰る頃には螺旋階段がグルグル回って見えたものです。あ、もともと螺旋は回ってるのか(爆)

友達とけんけんがくがくの政治談議なんてして、熱かったもんだ(笑)

だって20歳やそこらですもんね。

熱くなくてどうする。

今の若者達は熱くなっているのか!?





戻れるものなら一番戻りたい時代であります。

そして人生をもう一度やり直すんだ!!!!

嗚呼。懐かしのまいまいつぶろとおやっさん。



私が通っていた頃にすでに歳70も過ぎていた可能性があるので、もう店とともに亡くなってしまったかもしれない。
店はとうに10年ほど前に解体され、数年前に私が訪れた際には跡形も無くなっていました。

近くに「豚野郎」なんてお店があって、あの時のおやっさんからはよく仲間内で騒ぐと「うるさいぞ、馬鹿野郎」なんて怒られたものです。歴史は皮肉を語りますね。

今のようにスマホもなければデジカメすら無い時代。

たった一枚もお店で飲んだ写真なんて残っていませんが、まいまいつぶろを愛する方が撮った写真をここに無断拝借して往時を偲び、おやっさんへの哀悼の意を表したいと思います。

おやっさん、ケツの青みも取れない若造達でしたが、その節は本当にありがとうこざいました。
あなたはほとんど何もしゃべらず、うんうんとうなずくだけの方でしたが、心底大好きでした。
いかりや長介並みの下唇も一生忘れませんからね!!! (爆)









さてさて、らーめん啜り日記史上最大の脱線をしてしまい、さっぱり話が進みませんが(爆)、この日のはんつさんの取材は「週刊大衆」の人気連載コーナー「極うま麺」で、全国の美味しい麺屋さんを毎週紹介するというものでした。

本荘以外にも、横手と羽後町を回る予定でした。


そんでもって一軒目です。

空港から車で一時間、横手市にあります「神谷焼きそば店」(かみややきそばてん) さんへlet's goであります。





ところが、脱線が激しく、ブログを書く体力も激しく所望してしまいましたので、続きは次回!! (核爆)
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

2 Comments

kakke社長  

No title

素晴らしいです!何がって、こんな脱線見た事も聞いた事もありません(核爆)


感服です(爆)

2016/06/18 (Sat) 06:19 | EDIT | REPLY |   

羽後塾長  

Re: No title

kakke社長

いつもあざーす!

てか、ミスター脱線、脱線屋主、底抜け脱線大臣の社長から褒めて頂けて光栄です!!!(核爆)

神谷焼きそばの次に無事に二軒目に着けるのか心配になってきました (核爆)

2016/06/18 (Sat) 08:48 | REPLY |   

Post a comment