千葉参り6️⃣ 南房総→外房→アクアライン→都内

Category旅行





さて、千葉三大ラーメンを裏側から無事制覇して(笑)、地元ガイドさんに別れを告げ、一人向かった先は、一度訪れてみたかった南房総方面です。

一人になってじっくりと外の景色を眺めてみると、やはり房総の植生は明らかに東北秋田とは違って、山を眺めるのもまた楽し。


当たり前ですが、気候柄秋田のように針葉樹(特に杉)はほぼ皆無で、広葉樹と竹が目立つんですねぇ。

またこの時期の竹は新緑でひときわ綺麗なんです。

途中「とみうら枇杷倶楽部」という道の駅に立ち寄り、来年まで食べるのを我慢できない「枇杷」でも売っていればなぁと思って覗いてみますが、ちょうど営業終了したところでした(爆)

ちなみに窓越しに垣間見た枇杷のお値段、なかなかのお値段でしたなぁ…。

C級品でいいので、誰か送ってくれないものかなぁ… (核爆)



まずは館山市に入った瞬間、いきなり南国モード全開です!



ソテツはまず秋田では見ることがないので、北国の人間はこの乱立に感動します(笑)

もう夕方だったので、残念ながら館山城に立ち寄る時間がなかったのですが、いつかはこの綺麗なお城を眺めてみたいものです。



写真はある方から無断でお借りしたものです (笑)




ツツジも綺麗ですなぁ…

いつかは館山の海岸に立ち、遥か向こうに見える富士山を眺めてみたいものです!!



こんな風に見てみたいなぁ。

さて、館山は時間の関係でほぼ通過。

特にあてどなく車を走らせますが、途中「房総半島最南端の地」という青看が目に付きます。

どこへ行ってもこの「最○端」という標識に反応してしまう私…

すぐにそこへ方向転換。

着いたのは野島埼というところでした。




到着が午後6時過ぎ。

ほとんど誰もいません。

いたのはイチャつくカッポーと、ちょっと耳がカッポーそうな(わからない人は 秋田弁 かっぽでググる(笑))じい様だけでした (核爆)









そうこうしているうちに日も沈み次第に辺りが暗くなってきました。

先は長いのでそろそろ行かなくては。。

大学時代の友人 W君生誕の地「千倉」を抜け、2度目のダック・リバーを万感の思いで通過。




その後、御宿付近にて突然襲ってきた妖怪ネムレンと壮絶な格闘。

やがて打ち負け、セボンイレボンにて失神 (爆)

気づくと30分も寝てしまい、大急ぎでこれからの行程を練り直します。

残されたルートは3つありました。

1・このまま海岸線に沿って北上、銚子を抜け茨城を通る太平洋大海原コース

2・千葉市に抜け、つくば、真岡へ回るSL追いかけ内陸コース

3・木更津に出て再びアクアラインを渡り、深夜の都内をタクシーと爆走する夜のはとバスコース(爆)

タイトルで既にバレてるように、私が選択したのは一番思い出に残りそうな3番でした。

ここで最後の憑き物を落としていこうと考えたのです。

問題は本日のキャンプ地を決めることでした。

これが決まらないとやはり落ち着いて飛ばせません。

早速道の駅を検索すると(なんとこの時点でヤフーカーナビを使いすぎて、スマホのデータ容量オーバーになっており、足を怪我した亀よりも遅い反応を示すiPhone6+)、とりあえず埼玉のどこかの道の駅をご紹介頂きましたので、そこを目指すことにします。

思わぬ長旅になり、明日から着る服もなくなったので、アクアラインを渡る前に木更津のコインランドリーでお洗濯!! それにしても半乾きの状態で800円はエクスペンシブやなぁ (ぼやき爆)



まさか帰りも渡るとは思わなかったアクアライン。

深夜につきガラガラ!











前回は早朝、今回は深夜ということで、人もいなければ店も無し! 行きも帰りもほとんどただの通過点に終わった海ほたる!(笑)





さーーて!!いよいよ都内再び!!



どうせ夜中だし、交通量も少なかろうと、ナビのコースはいわゆるはとバスコースを選択。

一昨年食べた三田の二郎本店前を走り抜け、トキオタワーをパス、昔バイクで走っていた皇居を中心に丸の内方面へ!




夜の銀座も走り抜け…



御茶ノ水の母校に立ち寄り、現在も旧校舎の残骸が残っていないか確認しましたが、もはや何も残ってませんでした (泣)

山の上ホテルのネオンがめっちゃ哀愁を誘いましたなぁ。。





昔この近くの公園で応援団の方々が凄い練習をしていて、田舎者の私は度肝を抜かれた思い出があります。

よくぞあれで死なないものだと思える光景でしたね(恐怖)

と。それはまた「満員電車リバース事件」の際にでもお話ししましょう (爆)

ここで脱線してしまうと、もう秋田には永遠に帰れないほど時間がかかること請け合いなので…。




その後、昔フェーザーでナナハンと競うように飛ばした東上野の首都高の高架下を駆け抜け、一路埼玉へ!

それにしても国道4号が立派になり驚きました。栃木県くらいまで全て片側二車線でしたな。



ラリホーモンスター・ネムレンと深夜トラッカーたちと戦いながら黙々と4号線を北上し、埼玉県北葛飾郡杉戸町にあります「道の駅 アグリパークゆめすぎと」にヘロヘロで到着したのは深夜3時のことでありました。





昼に梅乃家さんで食べたチャーシューの必殺持ち帰りおつまみです (爆)



外はもうすでに白みがかってます。

早く寝なければ明日に響くのですが、この晩なぜかニャンコたちが車の周りに集まってきて、にゃんにゃんと鳴いて寝られません。

相変わらず人にはモテませんが、動物には好かれます(爆)

しかしそのうちその鳴き声から、ゴソゴソとやる音に変わってきました。

さすがに気になり思い切って窓から顔だして覗いてみると、なんと相当数のニャンコたちが車を取り囲んでいます。

こんな感じです。ウソイメージ(爆)



こんなにニャンコに囲まれたら嬉しくてまた失神でしょうが、明らかに雰囲気が違うので原因を探ってみました。

すると…なんのことはない、内房で夕方に買ってツールボックスに入れていた魚の干物が強烈な魚臭を発しており、それが彼らを寄せ集めたようなのです!(笑)
(車内だと臭くて外に出していたのでした(笑))



このお魚ちゃんたちは帰宅まで何としても死守せねばならなかったので、数匹のみを彼らに与え、あとは車内に積み込んで猛烈な魚臭とともに寝ることにしました(爆)

こうして疲れまくった千葉参り5日目は、埼玉の道の駅の片隅で、夜明けとともに終わっていくのでありました…💤

まだまだ続く…


スポンサーリンク

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment