9/25 遊佐町 けんちゃんラーメン遊佐店からの安楽温泉

Categoryらーめん
前日、回転寿司からの流れで日本酒を飲みすぎ体重が増えたにもかかわらず、タガの緩んだ食欲は悪い方向へ悪い方向へと進んでいくのであります。

半分自暴自棄になっていたのかもしれません。


さらなる体重増加を目指し、いざ久しぶりのケンちゃんラーメン遊佐店へ向かいます!!(爆)


本当は近場の「華月」さんでチャーシュー麺大盛りを食べるつもりでかみさんと息子を連れて出たのですが、華月さん手前でまさかの心変わり!(笑)


自分でも信じられない心の変化でしたが、そのまま車を遊佐方面へと走らせたのでありました。


同行の二人も、ケンちゃんなら良いかということで文句は言いません(笑)


到着が一時半過ぎでありましたので、閉店まであまり時間がありません。


その代わり並ばずとも座れましたが、注文は急ぎたいところです。




息子は「小盛り、脂こく、麺硬め」
かみさんは「小盛り」

そして私はいつもの「チャーシュー麺、麺硬め、身入り脂こく」でいつもは小盛りなのですが、この日は体重増加を目的としていますから(ウソ核爆)、ケンちゃんではまず頼まない「普通」を!




かつてのアマケソほどではないですが、ユザケソもなかなか私好みのチャーシューで、肉蓋の感じもイイですね。



ユザケソの麺もケンちゃんグループとしてはなかなかオーソドックスながら、スープへのマッチング力はかなり高めです。

全く個人的な私見ですが、かつてのアマケソ無き後の順位づけは、暫定一位山形店、二位遊佐店、僅差で三位が三川店となっております。
四位と五位は、新余目店と、酒田本店かな?かなりここも遠山の僅差かと思われます(爆)

口の周りをテカテカに光らせながら、私と息子が完食。

かみさんもケンちゃニストなので助かります。

さ~てと、これでかなり体重増加が見込まれたと思われます(爆)

あー、ちなみに、私ら家族が食べ終えて店の外へ出たのが午後2時ジャスト。

その時山形ナンバーの車が止まり、店内に若い二人が入って行きました。

その姿を営業終了で外に一服しに来た店主ASO氏が見て一言。
「終わったっでやーー(苦笑)」

私と目が合い、私も思わず苦笑い (笑)

さーて、あの二人は無事に食べられたものでしょうかねぇ(笑)





夜はさすがにこのままではまずいと思い、糖質保存のために使われている体内の水分を絞り出すためにこちらへ。





本荘老舗の温泉旅館「安楽温泉」さん。

昔々は志村鉱泉と呼ばれていたとか。

明治時代からここにある旅館であります。

ずーっと長いこと日帰り客の入浴は不可でしたが、数年前から日帰り入浴ができるようになりました。

この時間はいつも貸切に近く、非常にゆったりと入ることができます。










私が愛してやまない安楽のサウナです。

三人も入れば手狭という室内ですが、なぜかお気に入り。





5分の砂時計。
できれば12分のアナログ時計が欲しいところ(苦笑)



天井付近で100度くらいが個人的にベストな室温です。

それ以上高いと、肌を刺すような暑さに感じてしまいますし、低くても汗が出ず、欲求不満に陥ります(笑)



どこのサウナにも書かれている注意書きですが、こんなことを本当にやる人はいるのでしょうかね?

漏電させてヒーターを壊した場合は、かなりの修理費がかかると言います。



確かに蒸気が上がって蒸されたサウナはめちゃ暑くて気持ちの良いものですが、良い子がおじさんになった人達はそんなことしてはいけません(笑)

そんな湿度を上げる装置、いわゆる「ロウリュ」を体験したい方は、余目にある「町湯」に行きましょう。

町湯のサウナでは定期的に熱波が発生する仕組みになっており、その蒸気が上がると暑くて暑くてたまらず水風呂へ避難することになります(笑)
ここの本格的なロウリュは素晴らしかったです。



水風呂は真水ではなく、ほんの少し温かくなっているような気がします。

ここにいくら暑くてもいきなりドボンは絶対にやめましょう。

全身におしっこをつけながら、人の御宅のお風呂に入れますか?(笑)

それを平気でやっている「ぽぽ◯っこ」や「ゆり◯もん」、それに「鶴◯温泉」の常連さんたち、汚いからどうかやめてくだされ。

頭の先まで潜る海猿みたいな人もご遠慮くだされ。

必ず汗を桶やシャワーで流してから入りましょうよ。
これは常識ではないのでしょうかね。



安楽さんの露天風呂は周りを竹林に囲まれていて、非常に趣があり、大好きです。

今の時期、虫もいないので、サウナから出て体を冷やしたい時なども端っこの方に寝転がることができ、最高です。

日帰り入浴600円と、この付近ではやや高級なお値段ですが、8回通えば1回無料になるスタンプカードがあり、私はついにリーチを迎えております。



思いっきり汗を絞り出し、楽しみにして翌日乗った体重計は、なんとセイゲニストになってから一番のリバウンドという数値を叩き出したのでありました(核自滅爆)


どうしたもんじゃろのぉ (爆)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment