東北「道の駅」スタンプラリー 秋田県内編「雁の里 せんなん」と後三年の役

Category道の駅
IMG_1705.jpg

旧仙南村・現美郷町にあります「雁の里・せんなん」に行ってきました。

冒頭写真の愛くるしいキャラは「雁太郎(がんたろう)」くんです。

実はここ仙南村から横手市金沢にかけては、かの「後三年の役(合戦)」が繰り広げられた土地。

歴史上有名な「後三年の役」ですが、これを一口で説明すると・・・

後三年合戦は、清原氏が朝廷に対して反乱を企てたので、朝廷が源義家を遣わして、これを討った戦いとされることが多いようです。もともとは、清原一族の内部分裂で、相互の戦いの途中に陸奥守に赴任してきた源義家が介入することで、事が大きくなりました。(中略) 『後三年合戦』で勝利者の側についた清原氏の一方の側の中心人物が、平泉藤原氏の初代清衡であったことで、清衡は清原氏が有していた力を東北地方北部に発展的に継承することができました。(横手市のHPより)

つまり、どうしてもシャブがやめられなくて一族から見放されつつあった「カズ清原」んちのゴタゴタに対して、よそ者ではあるものの、東北の半分の治安を任されたえらーい人、八幡太郎さんが「あーあ、多賀城にいても暇だなぁ。どれどれ、暇つぶしに合戦でもやるか」的な感覚で、始めはサネヒラくん側、後からはそれとは敵対していたキヨヒラくん側へ加勢したことにより、のちの平泉で王国を築く「奥州藤原氏」の初代キヨヒラくんを助けてあげたというお話です (爆)

最後はタケヒラくんとイエヒラくん連合をやっつけた八幡太郎さんが、一緒に戦ったキヨヒラくんに対して土地を与えました。それが現在の平泉などを含む一帯であり、藤原王国はこうして幕をあけるのです。

しかしまあこの後三年の役が起こった事の発端というのは、吉彦 秀武(きみこのひでたけ)という清原一族ではかなりの重鎮と言いますか、大長老さまがおられるのですが、その方の甥っ子みたいなサネヒラくんの息子ナリヒラ(まあ、言ってみれば孫みたいな存在でしょうな)の婚礼の場にお祝いの品(大量の砂金)を持参し、「はい、ナリヒラくん、おめでとー!!どうぞお納めを~~」と差し出しているにも関わらず、碁に夢中のフリをして大伯父さんをシカトし続けたというサネヒラくんが全て悪いようです。

その態度に怒り心頭に達した大伯父さんは、「おい、サネヒラ、このアホガキ!! あんぽんたん!! お前の母ちゃん、百貫デブ!!」と罵ったかはわかりませんが、いや、この方は秋田の土着の方のようですからがのがもこ、切り落どしてやっからな!!」とでも言ったガモしれません (爆)

でもこんな出来事といえばそれまでですが、こんなことが発端で三年にもわたる合戦が繰り広げられ、その後の奥州藤原氏の栄華にまで影響するのですから歴史は不思議です。

そう言えば昔喫茶店時代、私がジャンピューターにはまっていた頃(爆)、夜になりお客さんもパッタリと切れた時間、もくもくと百円玉を挿入してテーブルゲームをしていました。

千円も使った頃でしょうか。やっと大当たりが来てもう大コーフン。

そこへちょうど大虎になった私の伯父が店に入って来ました(大汗)

とてもご機嫌で入って来た伯父でしたが、私が画面から全く視線を外さなかったことに「怒り心頭」となり(爆)、大荒げして帰ってしまいました。。(大汗)

その後幸いにして合戦は始まりませんでしたが(爆)、後年しばらくの間まずい雰囲気は続きましたよ(笑)

だってようやく出た大当たりの時にはお客さんが来たって席を立ちませんでしたよ、当時は (爆)
そんなんだから店が潰れるんですね(核自爆)

というわけで、多少の脱線というか、歴史的背景を語ったところで スタンプの場所です (爆)

IMG_1704.jpg

建物全体から見ると、入り口は左手になりますかね。

IMG_1702.jpg

柱にもしっかりと案内が貼ってありますのでわかりやすいかと思います。

IMG_1703.jpg


入り口から入ればすぐ左手にパソコン台があります。
その上にスタンプが置いてありました。
(スタンプラリー本には「パソコンの上」と書いてありますが、パソコン台の上です(笑))



ちなみに話を戻して「後三年の役」についてもう一つ。

この合戦で功労のあった武将の一人に「鎌倉景正」という方がおられます。お名前からして鎌倉の方なんでしょうなぁ。
で、この方(と言ってもこの時まだ16歳!!)が後三年の役に従軍され、激しく戦っておられた時に、なんと敵方の放った矢が目に突き刺さったそうです(激痛)

そしてその負傷した目を洗った横手市の厨川(くりやがわ)では、今でも片目のカジカが見かけられるとか・・・。


片目・・・??

!!!

思い出しました。

何度も訪れている遊佐町の「丸池様」です。

IMG_1764.jpg


ここにも景正くんが訪れたのか、同じ伝説が残されています。

src_43894485.jpg

本当に歴史は面白い!!

スポンサーリンク

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment