ニッカウヰスキー工場(宮城峡蒸溜所)見学 つか、呑み(笑)

Category


仙台駅前から国道48号線を急ぎに急ぎ、工場見学最終組スタートの午後3時半受付にギリ間に合いました(汗)


もともとウイスキーは大好きなお酒でしたが、専ら自分が買って飲むのは「バーボン」の方で、よく、ボトルを抱いて夜更けの窓に立ったりしたものです(沢研爆)

そして、お前がフラフラ行くのが見えるのではなく、自分がフラフラになるのが恒例なのでありました(自爆)

みんなで行った旅行の際には、朝までふざけよう ワンマンショーで ではなく、ワンマンバスでゲロするまでバーボンが好きなのでありました (爆)

もう勝手にしやがれ!と言われそうなのでやめます。

2年前まで毎朝放送されていたNHK朝ドラ「マッサン」が大人気だったことは記憶に新しいことと思いますが、そのマッサンことニッカウヰスキー創業者の「竹鶴政孝」さんと愛妻「リタ」さんの物語に感銘を受け、ウイスキー人気が再燃しているとか。

私もこの朝ドラにはどハマりしたので、このニッカウヰスキー工場にはいつか訪れてみたいと思っていました。

かつて社員旅行で行ったことのあるかみさんの話によると、一通り見学した後は無料でウイスキーが飲めるということでしたから、超左党としては歩いてでも行かねばならないと常々思っていました(笑)
しかも今回は心強いドライバーがおりますので、安心して飲めるのです。

実は餃子やシェイクはフリで、こっちがメインだったことは言うまでもありません(爆)




受付を済ませ、エントランスホールで案内を待ちます。



ホール内にはウイスキーの香りを楽しむためのボトルとグラスが置いてあります。



もう酒飲み親父は、これも飲めるのだと思って、危うくゴビっとやるところでした。

隣の人がクンクンとだけやっているのを見て、すんでのところで思いとどまることができた始末(自爆)



いきり立った心を落ちたかせるために、満開の桜などを眺めます(笑)

そんなこんなしているうちに、ニッカガールによる案内が始まりましたよ!



案内されるがまま、工場内の各施設を見て回ります。











出ました。

「ポットスチル」のある蒸溜棟です。

この建物に入った瞬間、ウイスキー好きにはたまらない芳香に満たされます。

もう一生ここから出たくないと思えるくらいのウイスキーの香り。

私はもうメロメロパンチをくらいまくりでしたが、家族には大不評でした(爆)





この大きさには感動を覚えます。

「マッサン」の中では佐川満男さんが演ずる「佐渡製作所」の職人たちが、この巨大なポットスチルを作る設定になっていましたね。

よくもまぁこんなに大きな銅製品を叩き出せるものだとひたすらその堂々たる大きさを眺めて感動を深めました。



貯蔵庫です。

ここもウイスキーの芳香が充満しております。

人知れず、ひっそりとウイスキー達は眠りにつきながらひたすら熟成させるのを待っているのでした。



かなり端折りましたが、約一時間ちょいに渡る見学をすべて見終え、最後はゲストホールにて数分のビデオを見ます。



引っ張りますねぇ(爆)


こちとら、いつになったら試飲できるのかとワクワクを通り越して「早く飲ませろ」コールをしたいくらいの気持ちを大人の理性でグッと抑えて、リアルマッサンのビデオを見るわけです。

そしていよいよ…




少なっ!!(病院の採血でももう少し採るだろ…)

とは心では思っても、決して口に出してはいけませんよ、そこのあーた!(爆)



以上3種が無料試飲できるお酒です。

ウイスキーはもちろん最高に嬉しいですし、アップルワインなんて自分で買っては絶対に飲むことはないので、貴重な体験でしたね。

なんせニッカウィスキーの社名は大日本果樹の略語、日果から来ているわけですから、ドラマでも描かれていたように、リンゴとは切っても切り離せない関係。
これは飲まずにはいられないでしょう。

で、甘さもくどくなく思ったよりもうまいんですねぇ。
しかもアルコール度数は高めの22%!

さすがにこればかり飲み続けるのはキツイかもしれませんが、食前酒にもいいですし、やはり女性向きかと思われますね!

「竹鶴」は恥ずかしながら初めて飲んだような気がします。

スーパーニッカも、若かりし頃には高くて買えず、ただの飲兵衛に成り下がった現在ではもったいなくて買えません(笑)



ホールには一緒にツアーを回った方々が大勢おられました。

特に何を言いたいわけではありませんが、我々モラルのある純潔日本人は、ニッカガールズの見てないところで二杯、三杯などとお代わり…なんてズルはしませんよ!!



3種の試飲をそれぞれ一杯ずつワンミニットほどで終えた後は、当然外内島あだりめ余目の勢いで、隣の有料試飲コーナーへ。



見事にニッカ側の策略に引っかかっているような気もしますが、んなことはこの際気にしません(笑)



選んだのは…



の3種でした。

どれくらい美味しかったかというと…







(説明省爆)

私には「ピートの香りが鼻孔をくすぐり…」などといった気の利いたコメントは書けませんので、これで勘弁してください。

ここでしか飲めない貴重なウイスキーも多くありましたが、財布の中にはそれらに対する代価がありませんでした(泣)

というよりも、3種類くらいにしておかないと、歯止めが効かなくなることを自覚しております。

帰りの車中で、コンビニから買ったブラックニッカあたりをラッパ飲みして帰る図が容易に予想されたわけです。

そして数時間後、はからずしてその予想は当たるわけです(爆)



最後出口付近でセルフタイマーで写真を撮ろうとしていたら、ニッカガールズのお一人が声をかけてくださいました。

「写真ですか?お撮りしますね!はい、ニッカニカー!(笑)」

とかなんとか言っておられましたなぁ。
さすが、撮り慣れておられる。うまいもんです。




いやー、ニッカさん、ひいてはウイスキーについてはマッサン絡みで相当自分なりに勉強したつもりでしたが、やはり百聞は一見にしかずとはよく言ったもので、実際に自分の五感を以って体験しないと本当の勉強にはならないということを痛感させられる見学ツアーでした。

今となっては手遅れですが、このような職場でなら一生働いてもいいと思えるほどの環境の良さ。

もはや崇高とまで言ってもいいであろう企業理念の一端に触れることができました。

新川(ニッカワ)のほとり、ニッカ一番地を是非とも皆さんも訪れてみてはいかがでしょう。
もちろん見学ツアーは無料です。

お酒の飲めない人にはソフトドリンクも提供されます。








さて、そろそろ夕方。

家族全員、お腹のすいてくる時間帯に突入です。


久しぶりに新庄でラーメンでも食べようかな!


続く…

スポンサーリンク

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment