セルフリフォーム② エコな簡易内窓作成

Categoryリフォーム
さてさて、第一回目の最後にチラッと書きましたが、二重窓というものをいかに費用をかけずに制作できるのか悩んでいたとき、たまたまホームセンターで出会った「エコな簡易内窓」に強く心を惹かれました。

実はこのオンボロ中古住宅を購入していざリフォームとなった時、いかんせん融資された金額があれこれと直す金額には程遠く、涙を飲んでプラマードと言った今流行りの高性能二重サッシを断念した経緯があります。

というよりも、元々が昭和に建てられ、おそらく大した断熱材も入っていないだろうし、高気密どころかすきま風さえそよぐような家に、窓だけ立派にしたところで秋田の寒さを凌げるほどの効果は無いと踏んだというのもあります。

あまり断熱効果の見込めない窓に限られた予算を充てるのだったら、他の箇所に充てたくなったのでありました。

しかし高性能ではなくても、ある程度結露くらいはしないような二重窓の仕組みを考えていた時にこの簡易内窓に出会ったのであります。

しかも、最寄りのコメリが改装を終えたばかりで、旧商品が半額や7割引といった破格値でいろんなものを売り出した際、なんとこの簡易内窓セットや部品などがドサっと出ていたのであります!





渡りに船とはまさにこういうことを言うのではないでしょうか!

何度も通って、あるだけの品全部を買い占めてきましたよ(笑)



ただ安売りしていたのは部材のうちいわゆる「枠」の部分のみ。
肝心の窓本体に当たるポリカの板はありません。

これがなかなか高いのですよ。

で、私が大量購入した枠材は厚さ3mmの物用(簡易内窓としては最薄)てしたので、それを別に購入する必要がありました。

でもこれも安く収めなければ意味がないケチケチセルフリフォーム(笑)

安いところを探しまくってガソリン代を掛けると言う本末転倒行動を繰り返し(爆)、結局はコメリのオンライン販売で5枚で1万弱にて購入というわけのわからぬ結末を迎えます (自爆)


(写真は購入したものと同じ製品)

材料が揃えばあとは作るのみ!

ホームセンターに置いてあるアクリサンデー社の設計書に窓のサイズを記入し、その通りにカットしていきます。

web版はこちらです。アクリサンデー社

その際iPhoneカメラで写真を撮り、そのままサイズを書いていくと便利ですよ。

こんな感じで。



枠類は普通のカッターや金鋸でもカットできますが、素早くキレイに切りたかったら、ディスクグラインダーを使いましょう。

マッハでカットできます。

下の写真が一番最初に作った脱衣所の窓です。

サイズも小さいので作成時間は小一時間ほどでした。

IMG_5778.jpg


ただ、多くの先輩諸氏が経験されていると思いますが、サイズの大きいポリカ板にフレームをはめる作業が一番難儀するかもです。
これがなかなかうまくはまらない
それはポリカ板が並々の断面になっているからなのであります。

どこかのブログには断面にアルミテープを貼れば良いとありましたが、私はそれすら面倒くさいので(笑)、地道にゴムハンマーでこんこんとやりながらはめていくのですが、途中イライラして始めからやり直すこと数度(苦笑)

フレームも微妙にサイズが狂ったり、いざ窓枠にはめてみてもうまくはまらなかったり、たわんだりと、試行錯誤は繰り返しますが、半日もかければ大きな窓だって絶対に完成しますのでご安心を!!

IMG_5776.jpg


私も何度かサイズミスして切断し、帯に短し襷に長し状態も経験しましたが、これもある程度失敗しても構わん!という度胸が必要かもです。

要は思い切りですね。
ここで躊躇しては作成作業は先に進みません!

確かにミスカットした際のショックはあります。
そんなに安いものでもありませんからね。

でもそれは学習料金です。

懲りれば同じ間違いはしなくなるはずです。

たぶんね(笑)


こうして他の窓にも同じような作業を繰り返していきます。

そうしているうちにコツを掴み始め、もっと安い部材で応用できないものかと考え始めるのです。

例えばこんな感じに、高いポリカーボネートの透明板使わずとも、安いプラダン(1枚200円くらい)でも代用できるのです。
その他フレームにもある代用品が使えますが、それらについては次回ということで。。(^^)/~~~

↓ こちらのセットなどがおすすめです!!

関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

エコな簡易内窓

0 Comments

Post a comment